1. まとめトップ

京都大と大阪大の難易度の差は?偏差値やレベルの比較、イメージや雰囲気の違いやどっちがモテるのか?

京都大学と大阪大学の難易度の差はどれくらいか?偏差値やレベルの比較、イメージや雰囲気の違いとどっちがモテるのか?について書いてみました。

更新日: 2019年03月18日

1 お気に入り 10489 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

京都大学と大阪大学のイメージや雰囲気の違いは?

京大と阪大というより、京大と他の旧帝との違いと言った方が判りやすいでしょうね。
もともと東大を筆頭とする旧帝大は公務員養成を主任務に設立された大学です。その中にあって京大は「自由の学風」を建学の精神としていたり、沢柳事件のような歴史的な経緯もあって、反体制・反中央な校風です。

私学における反体制・反中央の筆頭は早稲田です。キャンパスというか学生の雰囲気も京大と早稲田は似ています。一方、東大と似た雰囲気なのが慶應。
同志社は大隈重信と新島襄が親交があったため、現在でも早稲田と国内相互留学制度を結んでいたりします。早稲田のキャンパスに同志社の学生が、同志社のキャンパスに早大生がいますから、校風も似通ってくるのかもしれません。

元々、阪大は医学から発した大学であり、京大は社会科学や人文学から発した大学です。比較しようにも比べようもありません。
 阪大にも有名な学者は数多く在籍していたことも知られ、一方の京大も法学部の滝川幸辰や、東洋史の研究者でありながら一方ではジャーナリストとして活躍もしていた内藤湖南や原子物理学で知られる湯川秀樹、東洋史学の貝塚茂樹、そして中国文学の小川環樹(湯川・貝塚・小川の三人は兄弟としても知られています)。
 そして阪大の出身者として最も知られているのは手塚治虫です。探せば幾らでもいますよ。テレビに登場する機会が多いことが必ずしもその大学の評価につながらないことも確かです。
 テレビに登場する機会が多いからといって、それがその大学の評価であると判断されるならば、それは余りに低レベルな発想ですね。

阪大が地味なのはある意味、校風です。良いとか悪いとか言う問題ではありません。
注目度に関しては単にトップかどうかだけの話です。東京で東工大や一橋の注目度が東大よりも低いのと同じことです。それは大学のレベルに差があるからというわけではありません。たとえば、日本で一番高い山の名前は誰でも知っています。二番目に高い山となると知らない人は多いです。それと同じことです。何事にしても1番と2番では注目度が大きく違うってことです。山であれば、たとえ高さが1メートルしか違わなかったとしても、1番か2番かによる注目度の違いは大きいです。

京都大学と大阪大学と言えば、関西圏の国立大学として有名で、どっちも非常にレベルが高いです。ただ、一般的には京都大学と大阪大学ではどっちが上か?というと、京都大学になります。東大がナンバー1で、次が京都大学というのが一般的なイメージです。大阪大学は3番手以降ということになりますけど、京都大学と大阪大学のイメージや雰囲気の違いはどうでしょうか?京都大学と大阪大学は頭いいと言えるレベルですし、非常に偏差値やレベルが高いです。京大と阪大の偏差値やレベルは学部ごとにも違いますけど。京大と阪大ではどっちがいいか?については好みや出身地の違いも関係するでしょう。京都大学と大阪大学は普通に考えてモテる可能性は高いです。学歴的にも十分ですし、関西では相当知名度があります。関東でもモテる可能性は十分にありますけど、関西では特に人気でしょう。京都大学と大阪大学では文学部、法学部、経済学部、理学部、工学部、医学部などが共通でしょう。京都大学と大阪大学はどっちがいいか?というのは、双方の大学の差を認識しておくと良いです。京都大学と大阪大学の差とはどういったところなのか?を調べておくと良いですが、イメージや雰囲気の比較をしていきましょう。

大阪大学ならではの魅力は?

大阪大学では、社会に間もなく出ていく学生に対して、一定の専門知識を身に着けて、専門教育以外に必要とされる知識や能力を与える教育として知のジムナスティックス科目制度をスタートさせました。

世界を舞台に活動する
異分野の融合を社会に演出する
成熟した市民社会を創る
タフな知性で社会を輝かせる

これらをキーワードとして、学生が一人一人の希望や計画をもとに自由に自分の好みの科目を選択して独自のプログラムを設計することが可能です。

大阪大学附属図書館には、グローバル・コモンズという共同学習スペースが設けられています。学生同士の交流スペースとして活用されており、可動式の机、椅子、大型ディスプレイ、プレゼンなどの設備が充実しています。また、テスト期間などはより自主学習に集中できるようエリアを24時間開放するなどの工夫もされています。

吹田キャンパスには、工学部、人間科学部、医学部、歯学部、薬学部など多数の学部があり、大阪大学の3つのキャンパスの中でも最大の広さを誇るキャンパスです。あまりの広さのため、自転車で移動する学生もいるほど。また、研究施設が多く、企業関係者が大阪大学の施設を借りることもあるようです。

大阪大学のキャンパスについての雰囲気なども知っておきましょう。京都大学と大阪大学のキャンパスの比較においては、キャンパスの違いも把握してほしいですけど、大阪大学のキャンパスの魅力は結構いろいろなところで言われています。吹田キャンパスの広さとか、図書館の充実度などは京都大学と大阪大学のキャンパスはどっちがいいか?を比較するときにはかなり重要と言えます。こういったところを含めて、京都大学と大阪大学の違いを認識して、どっちがいいか?を考えていきましょう。京都大学と大阪大学は偏差値やレベルは非常に高いので、頭いいという部分に関しては相違はないでしょう。しかし、それ以外の面では差はあると言えます。京都大学と大阪大学の差はキャンパスライフにおいて存在するので、特に理系の人は研究施設の充実度なども重要ですから、それぞれのキャンパスの雰囲気の違いなども含めて、京都大学と大阪大学のキャンパスの比較をしていきましょう。どちらもモテる大学なので、その部分においてはあまり差はないと思いますけど、大阪大学のキャンパスの魅力は知っておくと良いでしょう。オープンキャンパスなどを利用して見学していきましょう。京都大学と大阪大学の難易度の違いなども重要ですけど、こういった面も知っておいてほしいと思うのです。

京都大学に入学することのメリットは?

まあ、多かれ少なかれ、京大生はみんな、自分で自分のことを「天才だ」と思っていると思います(口に出すか、態度に出すかは別として)。で、そういう人ばかり全国から集まってるわけですから、自称「天才」が、本当に日本に通用する天才なのかを、京大では確かめることができるわけです。
 
 そりゃあ、僕を含む大半の人は、「世の中上には上がいる…」という一種の挫折感を感じるわけですけど、それも1つの収穫ですよね。社会に出る前に、「俺は『井の中の蛙』だったんだ」と自分自身のことを認識できるのは、それはそれで大事なことだと思います。

京大に行くのは、官僚になったり、名だたる大企業に入ったりすることに対しては、登竜門であると言えます。また、仮に口下手で、企業の面接に受かりにくい人間であっても、「大学に残って研究を続ける」という選択肢があるわけで、結局どんな人間でも、自ら意思を持って降りない限り、エリートコースを歩むことが出来るわけです。

京都大学に入学するメリットとしてはどんなことが挙げられるでしょうか?京都大学は関西では東大のような扱いになります。関西ではトップの大学なので、そういった意味ではそこが大きなメリットになると思うのです。京都大学も大阪大学も頭いいイメージはありますけど、京都大学の方が優越的な地位にあるため、関西においてはトップとしての地位、阪大に差がついている印象がどうしてもあると思います。京大と阪大の偏差値やレベルに差があるということも言えますけど、そういった難易度の違いのみではなくて、イメージによる違いもあります。京都大学と大阪大学ではどっちがいいか?というときには、大学の雰囲気とか、そういったことも含めつつ、京都大学の優越性の部分に関しても理解しておきましょう。京都大学と大阪大学の就職における違いに関しても知っておくと良いと思います。就職を含めて、京大と阪大はどっちがいいか?京大と阪大に差があるのか?に関しても理解しておくと良いでしょう。

京都大学と大阪大学で就職に差はあるのか?

大企業への就職率は32.4%です。言わずと知れた旧帝大で、関東の東大と並び立つ国内2強の大学としても広く知られています。

秀才タイプが多いとされる東大に対し、京大には天才タイプが多いとされており、実際、過去に国内最多となる5名のノーベル賞受賞者を輩出した実績あり。三菱重工業、関西電力、トヨタ自動車などが主な就職先として知られています。

旧帝大の一角であり、阪大の略称で呼ばれ超・難関大学です。大企業への就職率は32.3%となっており、京大に0.1%まで肉薄しているあたりは流石といえますね。

主な就職先としてあげられているのは、製造業だと旭化成グループ、花王、シャープなど、運輸業では全日本空輸、JRなど、マスコミ系では共同通信や講談社などとなっており、いずれも日本を代表する大企業ばかり。

京都大学と大阪大学における就職の比較をすると、差はあるのでしょうか?京都大学と大阪大学の就職率においては言うほど差はなさそうです。というか、大学の評価においてはほとんど差はないでしょう。就活では漠然とした評価、大雑把な評価になることもありますが、京都大学と大阪大学で評価の差がそこまであるとは思えません。そもそも学歴はある程度は関係するものの、就活では個人の力量の方が大きく、高学歴でもコミュ障だと就職は難しいですし、Fランでも饒舌な人は就職が可能であり、京都大学と大阪大学には入れても就職が可能か?大企業に入れるか?は学生次第です。学歴は選考の序盤では重要ですけど、それ以降はコミュ力の方が圧倒的に重要なので、京都大学と大阪大学の就職の比較をするときにはそこも考えておきましょう。京都大学と大阪大学は偏差値やレベルが高いですし、頭いいということも言えますが、だからといって就職が簡単なわけではありません。そういったことも頭に入れておくと良いと思います。

1