1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

70%オフの35億円…Mジャクソン『ネバーランド』が値下げの訳とは?

海外でマイケル・ジャクソン関連のドキュメンタリー映画『Leaving Neverland(原題)』が放映され、彼の自宅兼遊園地だった”ネバーランド”も含め何かと話題になっています。

更新日: 2019年03月11日

4 お気に入り 15789 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

キング・オブ・ポップ

66年、兄弟とともにジャクソン・ファイヴを結成、「帰ってほしいの」など次々にヒットを飛ばして70年代初めの音楽シーンを彩る。

史上最も売れたアルバムとしてギネスブック認定

82年に発表した『スリラー』はMTV時代を象徴する凝ったビデオ・クリップの効果も手伝って驚異的な売り上げを記録。

全世界で1億枚以上を売り上げ、史上最も売れたアルバムとしてギネスブック認定作品となっている。

シンガーとしてだけでなく、ダンスやパフォーマンスなどにおいても高い評価を集め、多くの人々に影響を与えたが、2009年6月にロサンゼルスで死去。世界中に衝撃を与えた。

彼の自宅兼遊園地だった”ネバーランド”

マイケルが敷地面積約2700エーカー(約1092ヘクタール)の広さを誇るネバーランドを購入したのは1987年。

1998年から2004年ごろまで住んでおり、当時は動物園や遊園地などもあった。住居部分の広さは1万2000平方フィート(約1100平方メートル)とのこと。

米『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙によると、ネバーランド(現シカモア・バレー・ランチ)は現在、

1億ドル(約110億円)より70%値下げされた3100万ドル(約35億円)で再び売りに出されているという。

そんな彼に関する映画『Leaving Neverland(原題)』が話題

2019年1月のサンダンス映画祭でプレミア上映されたマイケル・ジャクソンの性的虐待疑惑に迫るHBOドキュメンタリー『Leaving Neverland(原題)』…。

この映画は、80~90年代にかけてマイケルの大ファンだったというジェームズ・セーフチャック(現在40歳)氏とウェイド・ロブソン(現在36歳)氏の証言をもとに制作されました。

2人は4時間におよぶ作品の中で、幼少期にマイケルの自宅兼遊戯施設「ネバーランド」で受けたという性的虐待の実態について、真摯に語っています。

マイケル・ジャクソンから性的虐待を受けたという2人の男性の話をもとに制作されたドキュメンタリー映画『Leaving Neverland』が波紋を呼んでいる

Leaving Neverland (2019) | Official Trailer | HBO

少年の頃マイケル・ジャクソンに犯された男性2人(現在は成人)の告白を記録したドキュメンタリー『リービング・ネバーランド』は『ジェニーの記憶』のように切実で苦痛に満ちた映画で、諸星大二郎の『子供の王国』のように悪夢的だった。紹介するとまたマイケル・ファンに叩かれるだろうけど。 pic.twitter.com/mibJnech8s

映画の放映を受け、カナダの大手ラジオネットワークでは

故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんの小児性愛問題がドキュメンタリー映画によって再燃したことを受け、カナダの大手ラジオネットワークがジャクソンさんの楽曲の使用自粛を決定した。

1 2