1. まとめトップ

30代の転職に必要な事と成功率をアップさせるポイント

30代になると、キャリアアップを考え始める人も増えてくるでしょう。ですが、失敗したときのリスクを考えると、安易におこなうべきでもありません。30代の転職に必要なことと、成功率アップのためのポイントについてまとめました。

更新日: 2019年03月11日

4 お気に入り 1298 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

30代で転職を成功させるポイントって?

30代ともなると、新卒で仕事を続けていた人なら、それなりのキャリアと収入を手にしていることでしょう。
ですがさらなる好条件を目指すなら、転職という選択肢が魅力的です。
30代で転職を成功させるには、どういった点を意識すべきでしょうか。

なぜ30代の転職は難しいといわれているのでしょうか。
それは、企業が30代に求めるスキルを把握せず、勘違いの転職活動を行っているからです。

20代と同じ方法では転職を成功させることはできません。

マネジメント経験

マネジメント経験とは、管理職やリーダーとして部下やグループメンバーの指導管理を行ったことがあるかどうか、その経験のことを指します。

20代では企業で育てる時間があるので「ポテンシャル」「やる気」も重視される傾向にありますが、30代になると「即戦力」になることを期待されます。

同じスキルなら長く働ける20代を企業側は欲しがるため、30代においては未経験・資格なしでも可の求人はほとんどなくなってしまいます。

30代の転職の難しさ

それでは、30代は?

企業が何を求めているのかを考えなければいけないのだが、どうも曖昧なのである。

おそらく、20代の市場と40代の市場の間にあって、これといって、特別な期待がない。

スカウトやヘッドハンティングで転職した人のほとんどは、「実際はただ人手が足りなくて誘われただけ、それほど高いスキルは求められていなかった」というケースです。

このタイプは「人に誘われたからという理由で転職する=自分で意思決定ができない人=仕事ができない人」とみなされるので転職は難しいです。

転職回数が多い人や一つの企業への在籍期間が短い人も「長続きしない人」「忍耐力がない人」と判断されてしまうため、転職は難しいです。転職回数が多いことで、「対人トラブルが多い人なのでは?」と判断されてしまう可能性も高いです。

30代半ばの転職ってどうなんやろ…やっぱ難しいよなぁ…

20代前半は職種のチェンジもできるけど、30代に入ると職種のチェンジが難しくなる。30代後半になると業界のチェンジも難しくなり、それ以降は、特殊な経験、スキル、マネジメント経験がないと転職は難しい。 つまり、20代の過ごし方にすべてがかかっている。 年を重ねてから、後悔しても遅いんです。

30代後半くらいからの転職が難しくなってくるのは専門性と経験がうまくマッチするポジションを見つけるのが難しいからだよなー。自分自身のブラインディングが重要になってくる。

30代の転職に求められる条件

確かに、30代では転職が難しくなってきます。
ですが、求められる条件を把握しておけば、成功の確率は高まるでしょう。

30代前半は即戦力のプレイヤー、30代後半はマネジメント経験者が求められる

既存の20代などの若手社員をうまく誘導しながら、チームとして安定的な結果を出せるかどうかという点が求められるというわけです。この点は、転職後にさらにキャリアを重ねる中で、自然と見えてきます。

30代での転職希望者は、最終的には管理する能力を求められていくことになります。

管理職になりたいならば、既存のメンバーというライバルが存在するわけなので、自分自身も既存メンバーを上回るほどの考えと意識が必要となってきます。

30代の転職で知っておくべきポイント

30代であっても、転職を成功させている人は事実存在します。
ポイントを押さえて、さらなる人生の可能性を追求してみましょう。

これまでの経験やキャリアの中で転職先での仕事に活かせることは何か、そしてその仕事に就くために具体的に取り組んでいることを伝えると良いでしょう。

たとえ未経験の仕事であっても、ビジネスマナーやコミュニケーションスキル、交渉力、営業力、マネジメントスキルは高く評価されます。これらの能力や経験はしっかりアピールしましょう。

30代での転職はエージェントのサポートが必須

30代で転職を成功させたいなら、ぜひエージェントを活用してください。
転職サポートのプロが、30代という年齢や自身の状況に適した転職先や策略をアドバイスしてくれるでしょう。

■リクルートエージェント

1 2