1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー
2 お気に入り 5143 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼菅田将暉が主演の話題のドラマ

菅田将暉演じる高校教師が、生徒29人を人質に取って「最後の授業」を行うという物語。全10話で卒業までの10日間の出来事を描く。

同ドラマでは、生徒の景山(上白石萌歌)が自殺したきっかけとなったフェイク動画に関する真相を探る。

▼そしてついに最終回を迎えた

最終回では、A組生徒の景山澪奈(上白石萌歌)が死亡する原因となった、意外な真犯人が明かされた。

澪奈を自殺まで追い込んだ本当の犯人は、SNSの誹謗中傷であったことを涙ながらに熱弁し、SNSによる言葉の暴力の怖さを世に知らしめた。

▼柊はSNSの恐ろしさを熱弁

SNSによる暴力を世に知らしめるため、フェイク動画を使って状況を二転三転させることで、いかに不確かな情報で踊らされているのかを分かってもらうことだったという。

カメラに向かって1人で訴える一颯の姿と同時に、画面にはSNSで次々に飛んでくる心ない言葉が映し出され、その対峙は10分以上にわたった。

画面には柊に反応したユーザーのメッセージも同時に映し出されましたが、実際にTwitterなどでありそうな誹謗・中傷などでリアリティがありました。

「それだよ、それ。そのお前の自覚のない悪意が、景山澪奈を殺したんだよ。つまんねえ生き方してんじゃねえぞ。見苦しいんだよ」などと、迫力のせりふ回しを展開。

▼それはまるで自分が言われているように感じる

直接視聴者に語り掛けるようなライブ中継シーンのカメラ目線の演出は、インターネット上でも「鳥肌が立った」「いろいろ考えさせられる」「涙が止まらなかった」「先生のメッセージにやられた」と絶賛の声が相次いでいる。

3年A組最終回見終わった 今のSNS社会に訴えかける素晴らしい作品だったなあ 特に柊先生がまるで自分に訴えかけてるような演出に引き込まれた 色々と考え方を変えられた作品でした

3年A組の余韻にまだ浸ってる・・・あんなに視聴者に訴えかけるドラマ今まであったのかな?構成が神過ぎた!まるで自分に言い聞かされてるような感じで、周りに流されるなとか今のご時世にマッチしすぎ

3年A組最終回。 私はとても共感したしめっちゃ刺さった。 LIVE配信という設定で途中から必死に訴える演出はまるで自分に言われてるような気がしたし言ってもらえてよかったなと。 「死ぬのは...怖いな」ってセリフ、よく書けたなと。自分や近い人の死を知ってる人には辛いセリフだよね文字数

3A最終回見た!全話面白かったー! ストレートで熱い言葉があるメッセージ性の強いドラマだった。 最後の柊先生の配信は、配信している画面の枠が無くて、真っ直ぐ前を向いて喋るから、まるでテレビを見ている自分に直接言葉をぶつけられている様に感じた。凄く良かった! #3A #3年A組

▼いまではネットは身近な物であり

SNSでの誹謗中傷やイジメ 面と向かっては言えないくせに 顔のバレないネット上だと好き放題言ったり SNSは便利ですが 苦しむ人もたくさんいる。

1 2