1. まとめトップ

「どっちにオンラインやねん!」 核心を突く妻の名言が笑えるw

「NEWPEACE」の高木新平代表のnoteで「妻のパンチライン5選」として投稿された奥様の名言が、子育てなどの本質に直球を投げ込みつつも笑えるものでした。

更新日: 2019年03月12日

11 お気に入り 18587 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

身に覚えがある人も多いのでは?

nyokikeさん

▼「NEWPEACE」の高木新平代表のブログに登場する奥様の表現力が凄い

広告起点のビジョニング会社から事業起点のビジョニング会社へ、構造転換中のNEWPEACE。社内革命につき、完全に人材不足。勇者、求む。一緒に世界を良くしたい人よ。

僕の妻は鋭い。親父が経営者だからか、帝王学を身につけている感じだ。

実はこのnoteは、2年前、妻に勧められて始めた。結婚して以来、毎年正月に僕と妻は、昨年の反省と新年の抱負を語り合うミーティングをやるのだが、そのときの妻の指摘は「今のあんた、はっきり言って、ニューピース社の社畜やで」というものだった。

ニューピースは僕が経営する会社だから社畜は違うやろと返したが、妻曰く、「会社の目前の仕事で一杯一杯になりすぎて、高木新平が死んでる。それは資産の消耗だから、長期的にみて会社の損失でもある。今の仕事とは関係のない、個人の発信をし続けなさい」ということだった。

・ご夫婦の子育ての様子が核心を突いているのに、どこか微笑ましい

子どもがいる家庭ならご存知だと思うが、子どもがいると時間通りに行動するのがとても難しい。それが2人、3人となると尚更だ。いきなり泣いたり、ケンカしたり、うんこしたり、寝たりするからだ。

それで約束の時間に遅れそうなとき、親は焦りのあまり、子どもに怒りがちになる。案の定、僕も急いでいた。2人の子どもを連れていく時間が迫っている。思わず、はやくしろ!という声を上げようとした途端、妻は僕の口を塞ぎ、「あかん、あんたは父親や。どんな時でも子どもの味方じゃなきゃあかん。わたしが代わりに怒るから、あとで優しく抱きしめてあげて」と言った。その後、鬼のような声で怒りながら、妻は僕らを送り出した。その後、運転しながら泣きじゃくる子どもを慰め、無事、約束の時間に間に合った。

平日は深夜帰宅ばかりの僕なのに、いま子どもたちが周囲も驚くほどパパっ子に育っているのは、すべて妻の経営力だと思う。ありがとう。

▼中でも異彩を放った名言とその背景をご覧ください

僕の妻は、パンチライン(名言)をよく放つ。大阪のミナミの出身だからか、どこかにうまいこと言おうって強い気持ちがある気がする。

「好奇心は簡単に死ぬんやで。あんたが殺したんや。」

妻はプロの母親だ。主婦というと仕事してない人みたいな世間的認識があるが、妻はガチで子育てしてる。子どもが何か表現しようとすることに正面から向き合い、絵を描くにも本物の画材で描かせたりもする。だから僕がたまに油断して子どもがやろうとしてることをサポートしなかったり、見せてきた成果物にリアクションしなかったりすると怒る。

そのときに発した台詞がこれ。「もしかして才能になるかもしれなかった好奇心を殺したのは俺なのか」と思うと反省の気持ちしかなかった。確かに子どもは大人が想像してる以上に大人のリアクションを見てる。反応がないのは大人だって辛いからね。それ以来、子どものやることには必ず(少し大げさに)リアクションするようにしている。

「幼児期の成長率なめんな。シリコンバレー以上や。」

妻は3歳までは自分の手で子育てをすると宣言している。三つ子の魂百まで、とも言うように、その時期が一番吸収率も高く、インプットとアウトプットの数だけ成長するらしい。

だから僕が土日の子育てを仕事などで後回し的にすると、おいおい、みたいな顔をする。そこまでしてやる?あんたの会社の成長率はどんなもんや?こどもはシリコンバレー並やで!と詰め寄られる。そのときの台詞。妻の脳みそでは、子どもとGAFAの価値は同レベルで認識されている。

「どっちにオンラインやねん!」

これは僕が出会ったばかりの時のエピソードだ。銀座のとあるレストランに出かけたが、仕事のメッセージが何通も届き、食事中にも関わらずスマホをいじっていた。急ぎのやりとりがなかなか終わらず、会話が途切れ途切れになった。そのとき妻はおもむろにテーブルを叩いて言った。「どっちにオンラインやねん!」

盛り上がっていた一気にレストランは静まり返り、僕はスマホを落とし、ディスプレイは粉々に割れた。というのはウソだが、それくらい衝撃だったことを覚えている。それ以来、僕はなにか本当に必要なときはトイレに行ってスマホを触るようになったが、最近子どもに見られて以来「うんフォン(うんこiPhoneの略)」と呼ばれている。死にたい… 今日も僕は妻のおかげで生きている。

▼どストレートな奥様の言葉がみんなの心も捉えたようです

「どっちにオンラインやねん!」 で、吹いた!かっこいい奥様だな〜 食事中スマホ扱う人に言ってあげたい お互いの時間を使って一緒にいるんだから、大事にしたいしされたいよね。 note.mu/shimpeitakagi/…

名コピー多いな「幼児期の成長率なめんな。シリコンバレー以上や。」。 妻のパンチライン5選|高木新平|note note.mu/shimpeitakagi/…

妻のパンチライン5選|高木新平 @Shimpe1|note(ノート) note.mu/shimpeitakagi/… 本気で人生しているステキな奥様の話。こちらまで背筋が伸びた

これは面白い。「どっちにオンラインやねん」と「うんフォン」がツボ。 妻のパンチライン5選|高木新平 @Shimpe1|note(ノート) note.mu/shimpeitakagi/…

1 2