1. まとめトップ

世界で2例目!ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が完治した!? 造血幹細胞移植とは?

2019年3月5日に、世界を震撼させるニュースが報道されました。なんとエイズ患者の男性が、HIV耐性のあるドナーから幹細胞移植を受けたことにより、エイズが完治したという出来事でした。エイズが完治した例は、世界で2例目です。今回は、この出来事を可能にした造血幹細胞移植などについてまとめました。

更新日: 2019年03月18日

2 お気に入り 418 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まだ2例目とは言え、人類はHIVに打ち勝つすべを手に入れようとしています。近い未来、完治する病になりますよに。

kakacom_111さん

エイズが完治!?出来事の概要

2019年3月5日に、ロンドン在住の男性がHIVを完治させたというニュースは、世界中に衝撃を与えました。エイズが完治した例はこれで2例目となります。

『ロンドン男性、世界2人目のエイズ完治例か 耐性ドナーからの幹細胞移植で』|YAHOO!JAPANニュース

”グプタ教授の患者はロンドンに住む匿名の男性で、20せ03年にHIV感染が判明。12年以降、HIVを制御する抗レトロウイルス薬で治療を受けていた。その後、進行した悪性リンパ腫が見つかったため化学療法を受けた後、16年に幹細胞移植を受けた。ドナーはHIVに耐性のある変異遺伝子を持っていた。”

『ロンドン男性、世界2人目のエイズ完治例か 耐性ドナーからの幹細胞移植で』|YAHOO!JAPANニュース

患者は移植後も1年4カ月の間、抗レトロウイルス薬による治療を続けたが、1年半前に投与を中止した後もHIVは検出されていない。チームは完治したと判断するにはまだ早すぎるとして、今後も引き続き患者の状態を観察する構えだ。

しかし、この治療法は全ての患者に適応できるわけではないので、まだまだ研究の途上段階といわれています。今後の成果が期待されます。

エイズにならない人!?HIVに耐性のある変異遺伝子とは?

エイズの完治に必要不可欠な存在が、「HIVに耐性のある変異遺伝子をもつ人たち」です。彼らの存在は、これまであまり知られていませんでした。しかし、エイズの完治のニュースが世界中に知れわたるにつれて、有名になりつつあります。

『【医学生理学豆知識 第1回】 エイズにならない人がいることを知っていますか?』|医学生生理学クイズ2017

みなさん、エイズにならない人がいることを知っていますか?〔中略〕その名を「エリート・コントローラー」と言います。なんか名前からしてかっこよくないですか?

HIVに耐性のある変異遺伝子について理解するためには、まず、エイズの原因となるHIVウイルスのしくみを理解する必要があります。

『【医学生理学豆知識 第1回】 エイズにならない人がいることを知っていますか?』|医学生生理学クイズ2017

エイズ(後天性免疫不全症候群)の原因ウイルスであるHIVはヒトのリンパ球T細胞(CD4+T細胞)に侵入して増殖し、自分の遺伝子をヒトのDNAに挿入して、定着してしまいます。一度ヒトのDNAに潜り込んだHIVの遺伝子は、その部分だけ後から切り出して消すことはできません。よって、HIVに一度感染した人は、一生、HIVと共に生き続けるしかないのです。

HIVウイルスに感染した人間の細胞は、減少しつづけます。そして、人間の体はエイズを発症させ、死に至ります。しかし、エリート・コントローラーの体内では、エイズは発症どころか、HIVウイルスが細胞内に進入する事すら、困難なのです。

『【医学生理学豆知識 第1回】 エイズにならない人がいることを知っていますか?』|医学生生理学クイズ2017

エリート・コントローラーは、CCR5の遺伝子に異常があり、正常なCCR5受容体を作れない人が多いのです(注1)。実はHIVは、CD4+T細胞表面にあるCCR5受容体を利用してCD4+T細胞に侵入するのです。CCR5受容体に異常があると、HIVはCD4+T細胞に侵入できず、増殖することができません。

エイズが完治した1度目の例について

エイズが完治したという世界初の例は、実は10年ほど前にベルリンで報告されていました。それにもかかわらず、10年もの間に、なぜ2件しか成功した例がないのでしょうか?

リアクションNEWS

HIV耐性を持つドナーから2回の幹細胞移植を受けた。抗レトロウイルス薬の投与を中止してから数年後にHIVのこん跡が見つかったものの、ウイルス量は検出限界以下の状態が続き、唯一の完治例とみなされている。

ロンドン男性、世界2人目のエイズ完治例か 耐性ドナーからの幹細胞移植で

研究者らはこれまで、ベルリン患者の治療を再現しようと試みてきたが、成功例は報告されていなかった。〔中略〕ただし専門家らによると、HIV耐性を持つドナーからの幹細胞移植によって一部のエイズ患者だけが治る仕組みはまだ分かっていない。

『ロンドン男性、世界2人目のエイズ完治例か 耐性ドナーからの幹細胞移植で』|YAHOO!JAPANニュース

HIVに感染しても通常は抗レトロウイルス薬により健康状態を維持できる一方、幹細胞移植には大きなリスクも伴う。そのため現時点での対象者は、エイズ以外の理由で移植が必要な人に限られるという。

エイズの完治を可能にした造血幹細胞移植とは?

「造血幹細胞移植」について、より深く理解するためには、まず造血幹細胞や血球について知っておく必要があります。

『造血幹細胞移植とは』|国立がん医療センター がん情報サービス

血液は「血球(けっきゅう)」と「血漿(けっしょう)」という細胞成分から成り立っています。血球には赤血球・白血球・血小板の3種類の細胞があり、骨の中心部にある「骨髄」という組織でつくられています。造血幹細胞は骨髄の中で血球をつくり出すもとになっている細胞です。血漿は、血液から血球を除いた液体成分です。

『造血幹細胞移植とは』|国立がん医療センター がん情報サービス

造血幹細胞は骨髄の中で盛んに細胞分裂を行い、赤血球・白血球・血小板に成長します。造血幹細胞がさまざまな細胞に成長する過程を「分化」と呼びます。

『造血幹細胞移植とは』|国立がん医療センター がん情報サービス

造血幹細胞移植は、通常の化学療法や免疫抑制療法だけでは治すことが難しい血液がんや免疫不全症などに対して、完治させることを目的として行う治療です。通常の治療法に比べて、非常に強い副作用や合併症を生じることもあります。そのため、造血幹細胞移植を行うかを決定する際には、患者さんごとに、慎重な検討がされます。

造血幹細胞移植は基本的に、化学療法や放射線治療が効きやすい癌に処置されるようです。

造血幹細胞移植の種類

造血幹細胞移植は、基本的には3種類の方法があります。

1 2