1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

朝ドラ『まんぷく』娘役で話題!「小川紗良」のおすすめ作品

朝ドラ『まんぷく』で、主人公の娘役として終盤のキーマンを演じている、女優で映画監督の「小川紗良」おすすめ映画・ドラマ。『崖っぷちホテル!』、『ブラックスキャンダル』、『10神スパイ大作戦~コード・バリカタ~』、『あさつゆ』、『イノセント15』、『聖なるもの』、『ウィッチ・フウィッチ』。

更新日: 2019年03月23日

7 お気に入り 14612 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『崖っぷちホテル!』(2018)

脚本:土田英生
出演:岩田剛典、戸田恵梨香、浜辺美波、中村倫也、くっきー(野性爆弾)、渡辺いっけい、小川紗良

破産寸前のド底辺ホテルを舞台に、クセ者だらけの登場人物が織り成す痛快シチュエーションコメディ。借金を抱える老舗ホテル、グランデ・インヴルサ。ある日、ホテルに超絶ラフな格好をした謎の男・宇海直哉が現れ…。

くっきー(野性爆弾)と小川紗良

崖っぷちホテルの小川紗良 さん貫禄ある演技いいわ~

崖っぷちホテル8話やっと見れたー。王女役、小川紗良ちゃんやん!最高!!! #小川紗良

崖っぷちにレストランにて!! 小川紗良さん!! くっきーとの相性がなんか絶妙な感じで面白かった笑 頑張れー!!!! #小川紗良 #崖っぷちホテル pic.twitter.com/8OykdwvtrF

◆『ブラックスキャンダル』(2018)

脚本:佐藤友治、泉澤陽子
出演:山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈、小川紗良、松本まりか、片桐仁、平岩紙、片岡鶴太郎

山口紗弥加が連続ドラマ初主演を務めた復讐劇。偽りの不倫スキャンダルで芸能界から抹殺された元女優の藤崎紗羅は、自らを陥れた人間に復讐するため、整形手術で顔を変え芸能マネージャー・矢神亜梨沙として芸能界へ舞い戻る。

小川紗良ちゃんすごかった。最初は野暮ったいというか芸能とは程遠そうな女の子小嶋夏恋だったのに、ラストになるにつれて女優小嶋夏恋になっててびびった。小嶋夏恋ちゃん話数を追うごとに超可愛くなってたのすごくない???もともとかわいいかったのに。ブラックスキャンダル面白かった。

亜梨沙、甘いよ。山口紗弥加さんと松本まりかちゃんの鬼気迫る演技。六番目の小夜子の頃から好きだったまりかちゃん注目されて嬉しい!夏恋が女優へと成長していく過程もリアルで小川紗良ちゃんの演技も良かったし超かわいい♪今後大注目の女優さん。純矢の罪は暴かれたのかな? #ブラックスキャンダル

『ブラックスキャンダル』でチラッと見て一目惚れした小川紗良さんが目当てで観たが、小川紗良さんの演技、凄いです。これからブレイク間違いない。あと監督が独学で映画撮影を学んだらしいが、少なくとも僕は今まで見たこともない演出が新鮮で良かった。

◆『10神スパイ大作戦~コード・バリカタ~』(2019)

脚本:池浦さだ夢(男肉 du Soleil)
出演:10神ACTOR、小川紗良、ヨーロッパ企画の石田剛太、酒井善史、土佐和成、永野宗典

九州出身・在住者から構成され、福岡を拠点に活動する10人組のエンターテイメント集団「10神ACTOR」が主演を務める全11回の連続ドラマ。10神ACTORが正義の組織であるFSKこと福岡スパイ協会の一員として、世界中の地下組織や裏組織から福岡の街を守る。

小川紗良(中央)

「10神スパイ大作戦」 とにかく小川紗良さんの可愛さが満載の第一話だった 10jin-spy.com

「10神スパイ大作戦」で小川紗良さん演じるマチ子のぶっとび具合が凄い。とにかく食べる。見終わったときはお腹いっぱいになってた。明太子と牛乳の組み合わせ、、これはアリなのか? twitter.com/yamaguchiyosuk…

10神スパイ大作戦の小川紗良、今まで見た映画では割と静かで鋭い演技だったのでコメディ寄りの演技見れて面白い。

【映画】

◆『イノセント15』(2016)

監督:甲斐博和
脚本:甲斐博和
出演: 萩原利久、小川紗良、影山樹生弥、中村圭太郎、信國輝彦

父親が実はゲイだと知ってしまった15歳の少年・銀と、母親から虐待を受けている同じ15歳の少女・成実。無垢ゆえに無知なふたりは、交わす言葉もうまく見つからないまま惹かれ合う。

第3回インディペンデント映画大賞 新人女優賞受賞 小川紗良 『イノセント15』 今年も才能溢れる新人女優の登場を目の当たりにしたが彼女の存在感はずば抜けていた。恐らく多くの人が同じような衝撃を受けたのではないだろうか。独特の鋭いまなざしがスクリーンを突き破っていた。 pic.twitter.com/mifCciHyHo

テアトル新宿で昨日までの「イノセント15」、成長期ゆえの、いまこの時にしか撮れない、刹那の魅力、みたいなものをたたえる小川紗良がいい。撮影時高3ながら、そんな15歳の儚さを魅せる。また「害虫」の頃の宮崎あおいをなんとなしに思わせる。 pic.twitter.com/Pz6P5y4XFc

「イノセント15」 at テアトル新宿。上映後のトークで、ほぼ順撮り、撮影期間1週間との話が。次第に凄みを増してゆく小川紗良さんの表情の変化が、わずか一週間の成果であることに驚くばかり。長回しで捉えた緊迫感漲る教会の場面は出色。 innocent15.toca.tokyo

1 2