1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

転売目的のものも…「ヤマザキ春のパン祭り」でシール泥棒が続出

大人気の「ヤマザキ春のパン祭り」がスタートしていますが、シールだけを泥棒するという被害が続出しているようです。

更新日: 2019年03月12日

9 お気に入り 31904 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ヤマザキ春のパン祭り

山崎製パン(株)(飯島延浩社長)は2月1日から、ヤマザキ「春のパン祭り」を開催する。4月30日まで

北海道地区は季節感を考慮して3月1日~5月31日

もはや春の風物詩ともいえる「ヤマザキ春のパンまつり」。山崎製パンの包装に貼ってあるシール25ポイント分集めると応募者全員が白いお皿をもらえる

25点分貼ったシール台紙をヤマザキ商品取扱店舗へお持ちいただくと、もれなく「白いフローラルディッシュ」1枚と交換

■ちなみに今年(2019年)は「白いフローラルディッシュ」

今年のお皿は花の形をした「白いフローラルディッシュ」。真っ白で美しいお皿が食卓をより華やかに引き立てます

「白いフローラルディッシュ」は幅約19cm、奥行約19cm、高さ約2cmで、食パンにぴったりのサイズ

トーストやサンドイッチはもちろん、ワンプレートメニューからハンバーグなど夕食のメインディッシュ用まで幅広くご活用いただける

■このパン祭りで「シールだけ盗難」が相次いでいるという

食パンや菓子パンなど対象商品に貼られたシールを集めると、お皿がもらえるヤマザキ「春のパンまつり」。

ところが、シールだけをはがしてしまう客がいて困っているというスーパーマーケットの店員のつぶやきが、Twitterで波紋を呼んでいます。

毎年、お皿への交換数が、なんと1500万枚。そのお皿へ交換するための、シールの盗難事案が発生している

■シールが盗難された商品は売り物にならない

シールは商品棚で盗難されるわけではないらしい。「買い物かごに商品を入れ、シールをはがした後、(商品だけ)棚に戻している

このシール1枚ないだけで売り物にならなくて廃棄せざるを得ないのが本当に勿体ない。本当にやめて欲しい。

■このシール泥棒は「盗難」にあたる可能性がある

「パンを買わずに応募シールだけをはがす行為は『窃盗』に該当すると考えられます」寺林弁護士はこのように語る

お皿欲しさに多くの店やお客さんに迷惑をかけるのは酷いとしか言いようがありません。

■この行為はせこい、いや、まずいでしょ

そこまでして春のパン祭りで皿を貰う人って一体・・・ 皿なんざどこでも買えるのに「あの皿」じゃなきゃ体が受けつけないの? 挙句の果てにシールを盗むとは貧乏根性丸出しの哀れな生き物や

ヤマザキ春のパン祭りのお皿やボウルをこよなく愛する者としてあの期間ひたすらヤマザキ製パンを食べ続けて1点1点地道にシールを集める過程があってこそなので、店頭からシールだけを剥がしてく行為は許せないしそんな奴等にあの皿を使う資格はない

春のパン祭りのシール窃盗、これはもうメーカーがどうにか対応したほうが良いレベルなのかも。世の中思った以上にそういう事をする人は多いのだな。

1 2