1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

シールを盗まれたパンの行方は…「春のパンまつり」泥棒に様々な声

山崎製パン恒例の #春のパンまつり に応募するための点数シールだけ盗む被害がツイートされて注目を集めました。たとえ点数シールと言えど窃盗罪にあたるようです。

更新日: 2019年03月12日

2 お気に入り 2760 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

モラルが問われる事案です。

nyokikeさん

▼『ヤマザキ春のパン祭り』のシールだけ取っていく人へのツイートに注目が集まった

愚痴ツイあまりしたくないけどさせてもらうね。 スーパーでバイトしてて、パンの値引きも担当してるんだけど『ヤマザキ春のパン祭り』のシールだけ取っていくお客様が多すぎて本当に困ってる。このシール1枚ないだけで売り物にならなくて廃棄しざるを得ないのが本当に勿体ない。 本当にやめて欲しい。 pic.twitter.com/bN3UHeSK78

関東地方のスーパーマーケットでアルバイトをしているという「ねぎ??」さんが、シールをはがされた「ダブルソフト」の写真とともにツイートすると、1万9千回以上リツイートされました。

このツイートに対し「あるある」というリプが多くて悲しいです。 ツイート上では『お客様』と綺麗な言葉を使っていますが、これは犯罪行為です。 シール1枚くらい…って思っているののかもしれませんが、パンを廃棄にしているのでパンを盗んだのと同じです。 自分の行動にもっと責任持って欲しいです。

@Nemu_IlIl もうそれ、万引きと同じよね。 それも含め商品なんだよね。 我が家シール取らずに捨てるので、うちに来ればあげるのにww

@Nemu_IlIl 僕もスーパーでバイトしてるからとても分かりみがふかいよ 僕「あれ、なんでこれ賞味期限まだなのに廃棄なんですか??」 上司「シールだけ取られてるんよ...」 僕「あっ・・・」 ってなってる

@amepixel ほんとそれ!!! ほかのパンメーカーはそうなってるところ増えてるのになぁ。。

@Nemu_IlIl @amepixel 元従業員です。 それは、前から言ってるのですが、大分コストが掛かってしまうんですよ。() 印刷だと、おばーちゃん達は、貼るの面倒とかのクレームがあったり、、、 どれが良いのか、、、夏のキャンペーンは、印刷されてたりしてますよ〜

ねぎ??さんは「シールがはがされたパンが出てくる度、賞味期限がまだもつのに廃棄処分しなければならないのがとても嫌で心が痛かった」とツイートの理由を明かしました。

シールがはがされる瞬間を目撃したことはないものの、3日に1度ほどの頻度ではがされており、店長の指示で廃棄しているそうです。

▼ヤマザキ「春のパンまつり」は今年で38度目になる恒例キャンペーン

今年の春のパンまつり お花のお皿で可愛いから 絶対欲しい〜 あと20点集める☺️✨ Made in Franceなのね Made in Japanだと思ってた #ヤマザキ春のパン祭り2019 pic.twitter.com/VlbbWauuh1

山崎製パン(東京都千代田区)のキャンペーン・ヤマザキ「春のパンまつり」が2018年2月1日から始まっている。対象商品のパッケージに貼ってある点数シールを25点分集めると、食パンと同じくらいのサイズの「白いスクエアディッシュ」をもらえる。

これまでの交換枚数は累計5億枚を超え、昨年は1500万枚がプレゼントされました。今年は4月末(北海道では5月末)まで実施予定です。

ヤマザキ春のパンまつりのお皿、陶器かと思いきや、強化ガラスなんですよね。なので、割れにくい。頑丈なんです。 長持ちしますね。 pic.twitter.com/vtTcpF5fYW

山崎製パンが1月16日に発表したヤマザキ「春のパンまつり」のプレスリリースによると、キャンペーンの対象商品は「ロイヤルブレッド」や「超芳醇」など主力の食パン商品から、「北海道産小麦のバターロール」や「ランチパック」まで多岐にわたる。シールの点数には、商品ごとにバラつきがある。

・応募方法は商品に添付されている点数シールを集めるだけ

対象商品に貼付されている点数シールをはがします。

対象商品に貼付されている点数シールを25点分集めて、シール台紙にお貼りください。

25点分貼ったシール台紙をヤマザキ商品取扱店舗へお持ちいただくと、もれなく「白いフローラルディッシュ」1枚と交換いたします。

▼実際にスーパーマーケットではこのような事例があるそうです

東京都内でスーパーマーケットを運営する企業の広報担当は、J-CASTニュースの取材に「あることはある」と話す。ただ、シールは商品棚で盗難されるわけではないらしい。「買い物かごに商品を入れ、シールをはがした後、(商品だけ)棚に戻しているようだ」

シールのはがれた商品をどうするのか聞くと、「メーカーさんから予備のシールをもらい、なるべく廃棄せず販売することを最優先に考えている」と明かした。

▼点数シールでも立派な窃盗になります

『なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?』(旭屋出版)などの著書がある、石崎冬貴弁護士は「お皿と交換できるシールには価値があり、窃盗罪が成立します。シールをはがす目的で店に入った場合には、建造物侵入に問われる可能性もあります」と指摘します。

1 2