1. まとめトップ

【横浜ビー・コルセアーズ】 細谷将司はどんな選手???

プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」の細谷将司選手について調べてみました。サムネ引用元:https://www.bleague.jp/roster_detail/?PlayerID=8712

更新日: 2019年03月17日

1 お気に入り 1998 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

万が一、記事内容に誤っている情報や不適切な箇所がございましたら、私のプロフィールからTwitterにて教えてください<(_ _)>

seshi8391さん

ポジション:PG
背番号:0
愛称:マサシ・マーシー
出身高校:秦野南が丘高校(神奈川県)
出身大学:関東学院大学
生年月日:1989年10月2日
血液型:B型
身長:173cm
体重:72kg
尊敬するプレイヤー:田臥勇太

【 来歴 】

二宮町立一色小学校ではサッカーに打ち込んでいたが、進学した二宮町立二宮西中学校にはサッカー部がなかったため兄の影響もあり、バスケットボール部に入部した

バスケットデビューは中学校からだったんですね Σ(・□・;)

中学、高校時代は県大会ベスト16が最高成績であり、目立った成績は残せなかった上に、家庭の事情で高校卒業時にはバスケを辞めなければならない状況であった。

関東学院大学のスポーツ推薦のトライアルにチャレンジして合格、大学でもバスケを続けることができた。

バスケ続ける事ができてよかったですね(^▽^)

大学ではなかなか試合への出場機会を得られず、4年の秋になってやっと出場時間を得ることができた。

すごい遅咲き!(;゚Д゚)

安定した仕事に就いて家族を安心させようと一般企業である葵企業に入社して同社のバスケットボール部に入部した。

しかしプロへの道を諦めきれず、就職してわずか3ヶ月ではあったが上司の後押しも受けてTGI D-RISEのトライアウトを受け合格

TGI D-RISE(ティー・ジー・アイ・ディー・ライズ)は、かつて存在した日本のバスケットボールチーム。リンク栃木ブレックスの下部組織に位置していたチームで、ナショナル・バスケットボール・デベロップメント・リーグ(NBDL)に所属していた。現在、B.LEAGUEに所属するパスラボ山形ワイヴァンズの前身となったチームである。

出典:ウィキペディア

2014-15シーズンは兵庫ストークスと契約したが十分な試合出場時間は得られず、2015-16シーズンは、サイバーダインつくばロボッツと契約した。

サイバーダイン茨城ロボッツ(CYBERDYNE IBARAKI ROBOTS)は、茨城県水戸市をホームタウンとし、B.LEAGUE2部 東地区に所属している日本の男子プロバスケットボールチームである。

出典:ウィキペディア

初スタメンの2016年10月9日三遠ネオフェニックス戦で、いきなりチーム記録である1試合39得点を記録した事により評価が急上昇し、残りのシーズンは不動のレギュラーとして出場を続けた。

◆細谷将司選手の特徴・魅力とは?◆

★電光石火のようなドライブ★

フィジカルも強く、体の接触があってもしっかりとシュートを放つことができるので、スピードに乗った細谷将司選手のドライブは非常に脅威と言えるでしょう。

★勝負所ではきっちりと決める3Pシュート★

スリーポイントが決まると「まさしのスリー」とMCの豊嶋さんとブースターが声をあげる!

(参考:ブースターとは?)
バスケットボールファンのこと。
アメリカのプロバスケットバールリーグのMBAやアメリカンフットボールでは、昔からファンのことをブースターと呼んでいる。

オフェンスの展開が進んでいく中で、フリーになったシュートはしっかりとものにしています。
このシュート力は、下積み時代にしっかりと重ねてきたシューティング練習の賜物なのかもしれません。

★ドライブからのキックアウト★

キックアウトとは?
オフェンスの時に、ボールマンがペイントにドライブしてヘルプディフェンスを収縮させたすきに、アウトサイドにパスを出すプレー

ドライブからのキックアウトも細谷の武器であり、ドライブでディフェンスを引きつけながら、ウィングにアシストパスを出すコンビネーションを得意としている。

~実際の試合の動画を見てみましょう~

◆ 他の動画など ◆

◆ コラボ企画で絵本読み聞かせもしたりしています

1 2