1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

ほっとゆだ駅

豊富な温泉施設と美しい自然に恵まれた湯田温泉峡。その玄関口に、全国でも珍しい温泉付きの駅舎がある。

シンプルな浴室の中には信号機があり、列車の発車45分前になると青が点灯、30分前には黄色に、15分前には赤に変わる。列車を待ちながらでもゆっくり温泉が楽しめるようにというユニークなサービス。

ほーん、こんなタグがあるのな ほっとゆだ駅を紹介しよう 駅に併設されている温泉で大人1人300円、弱アルカリ性高温泉 #UECおんせん同好会 pic.twitter.com/Nvw8TuhD1m

温泉併設で有名なほっとゆだに到着。次の電車が来るまで入浴です♨️♨️ ちなみに駅から直接入れる入口は19時半で閉まるようで、温泉には一度外を経由する必要アリ。 pic.twitter.com/yejI0hsiTZ

北上線ほっとゆだ下車。 駅舎に♨️温泉があります。 この駅はyamajetさんに教えていただきました。 知らなければそのまま通過してました。 お湯の温度も、あつめ、ふつう、ぬるめの3種類あり自分はふつうがちょうどよかったです。 次の横手行きが1時間半後位なのでゆっくりできます。 #blaり旅 pic.twitter.com/gj4YRMM9hc

水沼駅温泉センター

水沼 水沼駅温泉センター 駅近や改札すぐのレベルじゃない ホーム隣接?ホーム内 こじんまりとしたサウナ室は 地元の方の憩いの場 じんわり汗かいて水風呂へ 蛇口開けっ放しの水風呂は 露天スペースにあるので 外気浴が気持ちいい 風呂上がりのアイスは硬かった ぐんまちゃんいたよ‼ pic.twitter.com/1iAEsXd2Ph

ゆったり流れる時間の中でわたらせ渓谷鉄道で巡る旅「水沼駅でほっこり温泉」

上流の渡良瀬川「釜が淵の河童伝説」にちなんで、名付けられた「かっぱ風呂」、窓が大きく渡良瀬川の対岸と緑が眺められる浴室があります。 さらっとした熱めの温泉に身を委ねれば、心も身体もリフレッシュできます。

天竜峡駅

三河川合から北、天竜峡駅までの区間は、飯田線の中でも大変険しい山の中を通る難工事の末の開業でした。特に水窪駅〜天竜峡駅間の南北約42kmの区間は、山が迫っていて周囲に民家や道路がほとんどなく、大自然に囲まれた駅が多くあります。

このような駅は「秘境駅」と呼ばれ、今や大変なブームになっています。これはテレビの旅番組や旅雑誌などで数多く取り上げられ反響を呼び、大いに賑わうようになりました。

驫木駅

JR五能線の驫木駅。海に面した無人駅だがJRの「青春18切符」の2002年版ポスターに掲載され、日没直後の美しい光景と駅以外なにもない光景が話題となり一躍有名な駅となった。

すぐ目の前には日本海が広がる無人駅。場所は国道から少々それた所にあり、道路標識なども目立たないので気がつかず通り過ぎてしまうこともある。

1 2