1. まとめトップ

川内博史氏「オスプレイが15万円で買える」発言が大炎上している…彼は昔ガソリン値下げ隊隊長だった!!

川内博史氏といえば、ガソリン値下げ隊隊長として有名です。そんな彼のオスプレイに関する発言が物議を醸しています。簡単に言えば「鉄は1トン1万円だからオスプレイは15万円で買える」というもので、驚きとあきれる声があがっています。皆さんはいかが思いますか?

更新日: 2019年03月13日

1 お気に入り 2600 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

川内博史氏のオスプレイ発言が大炎上している

話を応用するなら、川内博史議員はたんぱく質と水の塊だから豆腐に換算することができるということだろうか…。

そもそもオスプレイが鉄でできているという考えも間違っている。メタルは20%ほどでGraphite-Epoxyが59%だ。

川内博史氏とはどんな人物か?

1961年11月2日生まれ。鹿児島市出身。80年ラ・サール高校、86年早稲田大学政治経済学部を卒業し、大和銀行に入行。

つまり経済のプロのはずなんです。

96年の衆議院議員総選挙では、民主党公認で鹿児島1区から出馬。比例九州ブロックで初当選した。

浪人時代の苦労を乗り越え、国政の場に復帰したこの人の顔は「政治家」と呼ぶに相応しいものになっていた。

福田政権が「2008年3月31日に期限がきれるガソリンの暫定税率を維持、延長しようとしたのに対し、民主党が、暫定税率を廃止、ガソリン値下げ25円/ℓを主張、2008年1月に立ち上げた国会議員グループのことです。

隊長に川内博史衆議院議員(鹿児島1区)、太田和美・柚木道義・石川知裕・細野豪志・松野頼久・山岡賢次・小沢鋭仁・安住淳・高山智司・小川淳也・菅直人などおなじみの民主党メンバー52名が顔をそろえました。

本人が反論するも…

経済的には、それを付加価値と呼ぶ訳ですが、その付加価値なるものの中味を詳細に分析する必要があるのでは、という問題提起です。

オスプレイの構造や性能を詳細に分析して問題提起するならまだしも、せいぜい鉄の塊ぐらいにしか理解していない人間に言われても、何の説得力もありません。

問題提起されるべきなのは、まともな対案一つ出さずに国会をさぼり続けている野党の存在そのものです!

様々な声が…

立憲民主党・川内博史「鉄1トン1万円ですよ。オスプレイは15トン、つまりオスプレイは実質15万円なのになぜ200億で買うのか」 anonymous-post.mobi/archives/4701 肉なんてキロ1000円くらいだから お前の値段7万円位でいいなって言われて終わる気がする

アノニマスポストが食いついていた川内博史議員の『鉄一トンが一万円、15トンなら15万円。なのにオスプレイは200億円』発言、デマセンサーが働いたので元ソース確認したら、がっつり言ってた。完璧に言ってた。どうにもならん。

1 2