1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

星野源『引っ越し大名!』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)7作品のまとめ。星野源×高橋一生×高畑充希『引っ越し大名!』、柳楽優弥×堤真一×川栄李奈『泣くな赤鬼』、横浜流星×中尾暢樹『チア男子!!』、浅田美代子×樹木希林『エリカ38』、望月歩『五億円のじんせい』、前田敦子『旅のおわり世界のはじまり』、細田善彦『武蔵-むさし-』。

更新日: 2019年03月27日

7 お気に入り 15944 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『チア男子!!』(5月10日公開)

「桐島、部活やめるってよ」「何様」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。

柔道をやめた大学生が、親友と一緒に男子チアチームを結成し大舞台に挑む。

『仮面ライダーエグゼイド』シリーズなどの瀬戸利樹、『ドルメンX』シリーズなどの浅香航大らが共演。『帝一の國』のスピンオフドラマ「帝一の國~学生街の喫茶店~」などを手掛けてきた風間太樹が監督を務めた。

映像は、柔道一家で育った晴希が一馬から男子チア部の創設に誘われる場面からスタート。

晴希は悩みや葛藤を抱えながらも仲間を集め、少しずつ上達していき、チアリーディングの楽しさを感じながら仲間とともに成長を遂げていく。

しかしカズの「ごめん。俺チア辞める」という言葉を受け、状況は一変する。果たしてBREAKERSの7人は、絆を取り戻すことができるのか、初ステージが幕を開ける。

◆『武蔵-むさし-』(5月25日公開)

史実に基づき剣豪、武蔵と武蔵に関わる人々の生き様や正義を描く三上康雄監督の時代劇。

孤高の若き剣豪・武蔵と足利将軍家の兵法で師範を務めた剣法の名門・吉岡一門、鎖鎌使いの宍戸、槍使いの奥蔵院道栄、そして老境に達し剣を極めた佐々木小次郎の戦いを群像劇として描く。

武蔵役を細田善彦、小次郎役を松平健が演じるほか、目黒祐樹、水野真紀、若林豪らが顔をそろえる。

佐々木小次郎を演じた松平健による剣技「燕返し」など、迫力ある殺陣が収められている。

最後には「なぜ、戦う?」というコピーとともに、武蔵と小次郎が巌流島で対峙する場面が映し出される。

◆『エリカ38』(6月7日公開)

実際の事件をモチーフにした本作は、60歳を過ぎてなお自らを38歳と偽り、色香と話術で人から金を巻き上げていた女・渡部聡子、自称エリカを主人公とする物語。

エリカの愛人・平澤育男を平岳大、彼女の母を樹木が演じたほか、窪塚俊介、山崎一、山崎静代、小籔千豊、菜葉菜、鈴木美羽、佐伯日菜子、真瀬樹里、中村有志、黒田アーサー、岡本富士太、小松政夫、古谷一行、木内みどりがキャストに名を連ねた。

特報は、エリカがたばこを吸いながら、部屋の奥にいる母の薫に「お母さん、一緒に死のうか」と語りかける場面から始まる。

事業説明会を行う愛人の平澤、エリカと平澤の愛し合う姿、赤いマニキュアの手、何かを食べながら横を向く薫、紙幣をばらまいて笑うエリカ…。

それらの映像に、「巨額投資詐欺、男、地位、名誉、金、暴かれるのは女の…」というナレーションが重なった後「本性」という文字が画面に大きく浮かび上がる。そして最後は、エリカが護送車に乗っている姿と、握り合った手の映像で締めくくられる。

1 2 3