1. まとめトップ

あがり症の原因は?|あがる人はあがる原因を潰してみよう

あがり症の原因をまとめます。過度にあがる人は、あがる原因を潰していきましょう。適度なあがりは問題ないです。

更新日: 2019年03月13日

3 お気に入り 736 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

理論と実践のベストミックスを提供します。

seniorさん

● 対人不安

脳が「人前」を「危険」と認識しないようにすることです

声や手が震える、汗が出てくるなどの症状は、「対人不安」から

対人恐怖が高じると、自分の不安や緊張を他人に気づかれまいと

少なくとも緊張しながらの場数をいくら踏んでも改善は見込めません。これはスキル不足の問題ではなく、脳のメカニズムの問題だから

● 失敗したくないという意識

失敗してしまうと、心臓がドキドキ、ストレスはMAX状態!「あの時にああすれば良かった…!」そんな後悔の気持ちが駆け巡ります

人間はできるだけリスクを回避したいし、失敗したくないから、行動する前に色々情報入れてしまう。そして、色々仕入れてしまうことによって、失敗した人の知見やその大変さを知ってしまう。そして、やっぱいいかとなったり、準備してからやなとか先延ばしをしてしまう。完全に情報デブ。まずやろう。

● 否定に対する怖れ

失敗すると、自分が否定されたという気分になります。

否定的な結果を、強く恐れています。あがり症でない人も否定的な結果を恐れますが、あがり症の人はその程度が強いという特徴があり

● 好かれたい気持ち

全員から好かれようなんて100%無理なんです。だからこそ、それを分かっておけば絶対に好かれなければならない完璧主義にならずに

● 評価されたい気持ち

他人の評価が今までより厳しくなったとか、過度にプレッシャーを

他人からよい印象をもたれたい気持ちが自分への自信より強いと、「本当の自分を知られたくない」という気持ちになり、対人関係に

お仕事で評価されたい……こんなこと言ってるうちはだめなんだろな、でも評価されたい

● 緊張を抑えようとする意識

たとえば、手の震えを抑えようとすると、余計に緊張することがあります。緊張で身が引き締まっていると思えば、そうはなりません。

緊張するとすごい声震えちゃうから自分で緊張してるんだなあってわかって余計に緊張する

1 2