1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

何気なく使っているごま油。実はそのパワーはすごいのです。

ごまの成分は50%が油分、20%がタンパク質、残りの30%がビタミン類・ミネラル・食物繊維です。
その栄養価は植物性食品でもトップレベル!
良質の栄養成分が豊富で、しかも含有量が多いというのが最大の魅力です。

この小さな一粒にこんな栄養がぎっしり詰まっているとは、、、

でも油って、体に悪いのでは????

さらに細かく栄養についてみてみると、、、

まずは、たんぱく質

ごまに含まれるタンパク質は100g中約20gと肉や魚並みです。
私たちの身体を作っているたんぱく質は約20種類のアミノ酸で構成されていますが、体内で合成されない必須アミノ酸は食品から摂らなければなりません。
ごまにはその必須アミノ酸がバランスよく含まれているのです。

続いて食物繊維

カルシウム・鉄分等のミネラル

最後に注目の栄養素”ゴマグリナン”

クレオパトラも美容のために使っていた?!

エジプトの女王・クレオパトラ(紀元前69~30年)は、ごまの発祥地に近いアフリカ東部のプント国からごま油を取り寄せ、香料や化粧料のひとつとして使っていたそうです。 クレオパトラの美貌に、ごま油がひと役買っていたのかもしれませんね。

古代中国では薬として使われていた?!

ごまとはちみつを組み合わせる食べ方は、1000年以上の古い歴史を持っています。
中国の宋の時代に書かれた古い医薬学書「経史証類大観本草(けいししょうるいたいかんほんぞう)」にも、この効用が示されています。
ねりごまとはちみつを混ぜて丸薬にしたものは「精神丸(せいしんがん)」といい、「精神丸を100日連続して服用するといっさいの病気がなおる」と記されています。

極めつけにはミイラの保存にも、、、

ごま油は、ほかの油と比べて劣化しにくい抗酸化作用を持っています。古代エジプトでは、ミイラをつくるときに防腐剤としてごま油を塗っていたそうです。

※ごま油も油です

「ごま油」における「1日の摂取量の目安」は、「大さじ1杯=12g程度」です。「摂り過ぎる」と「カロリー異常」によって「太る」ということが生じ、逆に「脂質」が少なすぎると「ホルモン生成」などにも影響してきますので、「適量」の摂取を心がけましょう。

1