初代ミラージュのルックスはなかなか新鮮だった。半年遅れで5ドアも加わったが、最初は3ドアのみ。そのせいもあって、日本車なのに、デザインがゴチャゴチャしていない。プレスドアを採用するなどして、ボディのフラッシュサーフェス(面一化)にいちはやく取り組んだ成果だ。

出典三菱・ミラージュ | Park blog

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

いくつもの進化を遂げてやっとここまで磨きがかかった三菱・ミラージュ

三菱自動車で最も重要な戦力となっているミラージュは、今ではタイのみで生産しているが日本にも十分浸透している立派なコンパクトカーだ。その歴史は平成に入る前から始まり、途中で長いブランクがあったが、2012年に再び登場することができた。

このまとめを見る