こちらも曲線を生かしたデザインだが、これまでと同じようにハッチバックとセダンだけではなくクーペも加わり、世界で最小となるV6エンジンや低燃費を実現したMVVエンジンを搭載しホイールベースを延長して前後で異なるサスペンションを使用するなど、とにかく最新の技術を採用したことが当てはまる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

いくつもの進化を遂げてやっとここまで磨きがかかった三菱・ミラージュ

三菱自動車で最も重要な戦力となっているミラージュは、今ではタイのみで生産しているが日本にも十分浸透している立派なコンパクトカーだ。その歴史は平成に入る前から始まり、途中で長いブランクがあったが、2012年に再び登場することができた。

このまとめを見る