1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは許せない!北朝鮮がコインチェック流出に関与と国連が発表

コインチェックで580億円もの仮想通貨が流出した事件に北朝鮮が関与していたというニュースが入ってきました。本当だとしたら許せませんね。

更新日: 2019年03月13日

9 お気に入り 87832 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国連安全保障理事会の発表を元に作成しています。

■アメリカとの交渉が決裂に終わった北朝鮮

ハノイで2月27日と28日の2日間開催された第2回目の米朝首脳会談は、会談2日目に予定よりも早く中断された。

アメリカ側が「寧辺(ヨンビョン)核施設」から数キロ離れたところにある、地下に建設された巨大ウラン濃縮施設の閉鎖も求めたため、交渉が決裂した、と中央日報紙がと報じた

■その北朝鮮がコインチェックの流出に関与していたというニュースが飛び込んできた。まずはコインチェック流出事件の説明

2017年5月9日 午前11:25、coincheckのビットコイン価格表示が突然20万円から90万円に急上昇し、他の仮想通貨も異常価格が表示される障害が発生

コインチェックから580億円もの仮想通貨が引き出された事件で、最初に攻撃されたのは、被害者のコインチェックだった。

日本の仮想通貨取引所コインチェックが不正アクセスを受け、約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出

■北朝鮮のハッカー集団「Lazarus」(ラザルス)の関与によるものだという

14件のハッキング攻撃のうち、少なくとも5件は北朝鮮のハッカー集団「Lazarus」(ラザルス)によるもの

北朝鮮のサイバー攻撃で、仮想通貨取引所へ約5億ドル(555億円相当)の被害出ていた報道に関して、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門パネルが12日、正式に報告書を公表

北朝鮮が2017年1月~18年9月の間、サイバー攻撃を用いて仮想通貨交換業者から少なくとも5億7100万ドル(約635億円)を窃取した

■コインチェック以外にもサイバー攻撃によって外貨を獲得していた

17年1月~18年9月、アジアの仮想通貨交換所に対する5回以上のサイバー攻撃を成功させ、被害総額は5億7100万ドルに達した。

報告書は北朝鮮が2016年以降、「制裁を逃れるためサイバー攻撃の規模を拡大し、(技術も)高度化している」と指摘。

報告書=国連安全保障理事会北朝鮮制裁委員会の報告書

専門家パネルは、こうしたサイバー攻撃について、制裁で資金獲得が困難になっている北朝鮮が偵察局主導で行い、「さまざまな方法で制裁逃れをしている」と指摘

■これは許せない…

核も拉致も近隣ってだけで他もやってることだし、嫌いとか特になかったんだけど、コインチェック含めてサイバー攻撃で外貨獲得は許せないから北朝鮮嫌いになった。金返せ。

@wadakooo コインチェックから盗まれた金で我々日本人の生命や財産が脅かされてるわけだが何か言うことがあるんじゃないのか コインチェック流出、北朝鮮だった 安保理 news.livedoor.com/article/detail…

すごい技術力だな北朝鮮。本当にハッキングで盗んだのか。コインチェックもザイフも内部の犯行だとばかり思ってた。 twitter.com/vc_koyori/stat…

こんな技術もあるんだね 馬鹿にできないよね コインチェック流出、北朝鮮だった 安保理 #SmartNews news24.jp/articles/2019/…

■この事件で思い知らされたのは「金融取引の脆弱性」

グローバル化により、その場所に行かなくても取引が成立してしまうという状況が脆弱性を生んでいます。

国連は12日、グローバルな金融機関が北朝鮮の不法取引で巨額の資金の支払いを容易にするために利用されており、国連の経済制裁の効力を弱めているとの報告書を発表

1 2