1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yuyu1010ssさん

片方の鼻だけが詰まって呼吸するたび「ピー…ピー…」と変な音が鳴ったり、酸素不足になるせいか慢性的な頭痛に苦しめられたり「たかが鼻づまり」では済まされないほどの苦痛を味わいますよね。

鼻づまりや鼻水は、日中に集中力が下がってしまったり、寝付けなくなったりして日常生活に影響が出ることがあります。まずは、原因を理解して解消につなげましょう。

◆鼻づまりの原因!

鼻づまりの原因は鼻水と思っていませんか? 鼻づまりの原因は「鼻の粘膜の膨張」です。もともと鼻の粘膜は、膨張・収縮を繰り返して鼻を通る空気の量を調節しています。膨張・収縮の鼻サイクルが鼻炎などの炎症で異常に増幅してしまうのが鼻づまりの原因なのでした。

そして鼻づまりになると、残念なことに味覚が低下します。風邪を引くと食べ物の味が分かりにくくなるのは、味覚が麻痺したからではなく、鼻が詰まってにおい物質が嗅上皮に届きにくくなり、においが分かりづらくなった結果、味が分かりにくくなるということだそう。

◆道具なし!鼻づまり解消法!

舌と眉間に圧力をかける方法

1.舌を上の歯に強く押し当てたら離すを繰り返す。
2.1の動作をしながら、眉毛のちょうど間に2本指を強く押し当てて離す動きを同時に行う。これを20秒くらい繰り返す。

拳を脇で挟む

鼻の詰まっているのとは反対側の脇の下に、10秒間コブシを挟んで圧迫するという方法。一時的ですが、鼻づまりが解消します。

脇の下を圧迫することで自律神経のセンサーを刺激。すると、鼻水を増やすという自律神経の指令が一時的に解除されます。

これで血管を広げる作用が抑えられて、鼻の粘膜に溜まっていた血液成分が解消。こうして結果的に、鼻の粘膜の腫れがひくというわけです。

ツボを押す!

鼻づまりや鼻水の解消には、ツボを押すのも効果的です。

「効果的なのは、風池(ふうち)、印堂(いんどう)、迎香(げいこう)」という3つのツボです。ツボを押すときは、ゆっくりと息を吐きながら5秒ほどかけて押し、息を吸いながら、同じく5秒ほどかけて離すようにしましょう。ひとつのツボにつき、これを2〜3回ほど繰り返しましょう」(永倉先生)

風池(ふうち)
耳たぶの裏にある大きな骨の下、少しくぼんだところにあるツボです。ゆっくり押すことで、鼻づまりを解消する効果が期待できます。

印堂(いんどう)
左右の眉頭(まゆがしら)の真ん中にあるツボです。鼻づまりや鼻水をすぐに解消したいときに有効です。

迎香(げいこう)
小鼻の両脇の少しくぼんだところにあるツボです。印堂と同じく、鼻づまりと鼻水の解消に即効性があるとされています。

横向きに寝る

詰まっている鼻が上に来るように、横向きに寝ることです。5~10分ぐらいのタイミングで鼻が通る瞬間が来たらすぐ仰向けになって寝るようにすれば30分ぐらいは鼻づまりしていない状態を維持できますよ。

◆道具を使った鼻づまり解消法

鼻やほほ骨あたりを温める

水に濡らして固く絞ったタオルを1分ほど電子レンジで加熱して鼻を温めると、鼻づまりの症状を緩和することができます。

「鼻づまりは、炎症などにより鼻の粘膜にうっ血が生じている状態です。ホットタオルで温めて血行をよくすることで、一時的に鼻の通りをよくすることができます」

アレルギーになっているものを取り除けばすぐに治まりますが、なかなかつらいものです。

水にぬらしたタオルをレンジで数秒温めて、鼻やほほ骨のあたりにしばらく当てて温めます。そうすると少しずつ緩和されて鼻詰まりが解消されていきます。

メンソールやハッカ油などの使用

メンソールやハッカ油などはアルコールの一種の有機化合物で、ご存知のように少量使うことで鼻をスッキリさせる効果が期待されます。

胸の上あたりにメンソールクリームを塗ることです。スッとして鼻の通りが良くなりますので試してみてくださいね。

ハッカ油のマスク
「鼻づまりやのどのイガイガが楽になったり、熱っぽさによるのぼせ感がやわらいだりしますよ。風邪の対処としても予防としても役立つでしょう」(重松さん)

[材料]
・ハッカ油…1滴

[道具]
・ガーゼ(マスクに収まるサイズ)…1枚
・マスク…1枚

[作り方・使い方]
(1)マスクの外側(顔に触れない側)の鼻の下、もしくは口あたりにハッカ油をたらし、マスクの内側にガーゼをあてがう。
(2)マスクをつけてみて、ハッカ油を染み込ませた部分が直接肌に触れないよう、ガーゼの位置を調整する。

鼻うがいをする

適量のぬるま湯に塩ひとつまみほど加え塩湯を作り、そして塩湯を飲まないように鼻から吸い込み口から吐き出します。

その後で軽く鼻をかむと鼻づまりを解消することができます。効果は半日ほどは実感できると思います。塩湯は、濃度0.9%程度が望ましいので、250ccの水に対して、2g強が目安です。

1 2