1. まとめトップ

火事【現地の様子】東北本線 花巻空港駅でSL銀河の客車(キハ143系)から煙が出て運転見合わせ

火災が発生した車は、SL銀河を走らせるのに、補助機関車が必要だった釜石線に、ぴったりな「自走可能な客車」がちょうどJR北海道で余剰となっていたことから、この車が導入された。

更新日: 2019年03月13日

1 お気に入り 3905 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

火災が発生した車は、SL銀河を走らせるのに、補助機関車が必要だった釜石線に、ぴったりな「自走可能な客車」がちょうどJR北海道で余剰となっていたことから、この車が導入された。

ja8085さん

東日本旅客鉄道(JR東日本)が2014年(平成26年)4月12日から釜石線で運行しているジョイフルトレインである

東北地方の観光面からの復興支援と地域の活性化を目的として、岩手県盛岡市にある岩手県営運動公園内の交通公園に展示保存されていた蒸気機関車、C58形 (C58 239) を動態復元させ、釜石線を走行させるプロジェクトとして始まった

車内の様子
ローカル気動車の面影はない。

盛岡車両センターに所属するキハ141系700番台が使用される

元々は北海道旅客鉄道(JR北海道)が50系客車(オハフ51形)を改造して製作した気動車であり、苗穂運転所に所属し、札沼線(学園都市線)で運用されていたが、同路線の電化に伴い余剰となった車両をJR東日本が購入し、郡山総合車両センターで再改造した

SL銀河に使われる、客車の経歴がやばい

札幌市周辺の人口増加により、沿線の都市化および宅地化が急速に進んだ札沼線(学園都市線)の輸送力増強を目的として1990年(平成2年)から投入された

電車や気動車への置き換えで余剰となっていた50系客車(オハフ51形)を改造して製作された

JR東日本では、動態復元された蒸気機関車C58 239を使用したSL列車「SL銀河」を、釜石線で運行することになった。

だが、機関車単機では釜石線の陸中大橋駅 - 足ヶ瀬駅間の上り勾配区間での走行が困難であることから、札沼線電化に伴い余剰となったキハ141系をJR北海道から購入し、動力装置を残したまま専用客車に改造して使用することが決定した

まとめると、
この客車は客車として産声を上げ、客車単独で走ることができるよう、ディーゼルエンジンをつけられ、「自走可能な客車」となった。
SL銀河を走らせるのに、補助機関車が必要だった釜石線に、ぴったりな「自走可能な客車」がちょうどJR北海道で余剰となっていたことから、この車が導入された。

花巻空港駅、偶然SL銀河の試運転に遭遇したがどうやらトラブルで止まっているみたい。救援のDE10らしきものが待機ちう。#花巻 #東北本線 #sl銀河 #トラブル pic.twitter.com/1RlRM6dU4b

【東北本線(一ノ関~盛岡) 上り線 運転見合わせ】 東北線は、16:20頃、花巻空港駅での車両点検の影響で、盛岡~一ノ関の上り線の一部列車で運転を見合わせています。運転再開の見込みはたっていません。 pic.twitter.com/ltySaOZt5P

花巻空港駅で車両点検て、SL銀河の試運転じゃね?他に営業列車いないし。 pic.twitter.com/Gvqtg50VTQ

【東北本線(一ノ関~盛岡) 上下線 運転見合わせ】 東北線は、16:20頃、花巻空港駅での車両点検の影響で、一ノ関~盛岡の上下線の一部列車で運転を見合わせています。運転再開の見込みはたっていません。[Update 16:44] pic.twitter.com/kwuzb6Hd8A

東北本線 一ノ関~盛岡間の運転見合わせ、SL銀河試運転中にキハ143の床下から発煙が確認されたらしく花巻空港駅に停車している模様。

東北本線 16:20より花巻空港駅で車両点検をしている影響 盛岡~一ノ関間上り線運転見合わせ 運転再開時期未定

[関東]2019/03/13 16:37 #東北本線 東北本線は、16時20分頃 花巻空港駅での車両点検の影響で、盛岡〜一ノ関駅間の上り線で運転を見合わせています。運転再開見込は立っていません。 #TrainDelay

銀河故障て… 修理長引くやつならもしかしたらSLいわてにも影響出かねないぞ

1 2