1. まとめトップ
  2. おもしろ

3月14日!みんなの「ホワイトデー」エピソードが微笑ましい!

3月14日の「ホワイトデー」。ツイッターでは、その「ホワイトデー」にまつわるいろいろなエピソードが報告されています。みんなの微笑ましい「ホワイトデー」エピソードをまとめました。

更新日: 2019年03月14日

21 お気に入り 53448 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・3月14日の「ホワイトデー」

バレンタインデー(2月14日)から、ひと月後の3月14日のホワイトデー

一般的にバレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日

日本発祥の習慣で欧米にはみられない。ホワイトデーという名称が定着するまでは、ポピーデー、フラワーデー、クッキーデー、マシュマロデーなどさまざまによばれていた

・ツイッターでは、その「ホワイトデー」にまつわるいろいろなエピソードが報告されています

▼かわいい子供のホワイトデー

ホワイトデー。もらっていない子にも、おかえしを用意する息子。カードに何て書いているのかと思ったら「らいねんは、チョコください」…前向きだ。

次男がクラスメイトの女の子にホワイトデーのお返しを何にするかで妻に相談していたのを見て、恋はいつでも初舞台〜と、心の中で歌った。

息子のホワイトデーのお返しを作るという初めての体験。しかも男の子へのお返し。 pic.twitter.com/Td9qVxA92D

▼かわいい男子学生

イオンのホワイトデーコーナーで男子高生が「ヤバい!俺ここに立ってたらバレンタイン貰ったみたいに見える!」って盛り上がってて和んだ。

▼ケーキ屋さんは大変です

たしかにケーキ屋バイトやってて楽しかったけど、洋菓子も売ってまして、バレンタインの忙しさはともかく、ホワイトデーの忙しさへの殺気がすごかった。なんでかというと、女性は予約してくれるけど、男性はほぼ予約せずに来て「会社の女子へのお返しにコレ50個」とか普通に頼んでいく。ねーよ!!

▼技ありお返し

妹がクラスの寂しい男子にバレンタインデーのチョコをあげたら、ホワイトデーにお返しをくれました。無駄な技術wwww^p^ pic.twitter.com/4NdZCtgOjN

▼ホワイトデーのお返しを用意するの忘れちゃった男の子は

ホワイトデーのお返しを用意するの忘れちゃった男の子は「ごめんな…実はさ、俺もお菓子手作りしようと思ってたんだけどさ…ホラ、初めてだったから失敗しちゃってさ…。だからほら!今はこんなんだけど次絶対埋め合わせするから!」っていってコンビニで適当なお菓子買ってデートの約束をこぎつける。

▼ホワイトデー前の女

女後輩が最近「定期入れ失くしたァ」とか「財布破れたァ」とか「加湿器壊れたァ」とか言うので、「大丈夫?厄年?お祓い行く?」って聞いたら、「お静かに!先輩を除くホワイトデー前の女ってのは、やたらと物が失くなって壊れるように出来てるんですよ」って返されて、知らない世界知りたくなかった。

▼3倍返し?

たまに聞く「ホワイトデーに3倍返し」というのは、1ヶ月(28日間)で200%の利子を要求していることになり、年利で表すとおよそ2607%になり、出資法の規定から金融業者以外でも年109.5%以上の利子を受領することは違法のため、この要求は違法で無効ということになります。

「ホワイトデーは3倍返しが基本」と言いますが、何が3倍なのかは誰も決めていないので、カロリーが3倍でも良いのです。仮にあなたがゴディバ1箱・6〜8粒・100g〜200g、つまり約600kcalのチョコを貰ったのであれば、ラーメン二郎1杯分がカロリー3倍のお返しに該当します。

▼十四銀行?

昔、バレンタインデーとホワイトデーのことを「十四銀行」と呼ぶ女の子がいた。曰く「バレンタインデーに一ヶ月の定期預金を入れて、ホワイトデーに払い戻し。増えた分が利息」と。

▼プロポーズ!?

1 2 3