1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いまネットを騒がせている

食パンや菓子パンなど対象商品に貼られたシールを集めると、お皿がもらえるヤマザキ「春のパンまつり」。

シールだけをはがしてしまう客がいて困っているというスーパーマーケットの店員のつぶやきが、Twitterで波紋を呼んでいます。

今朝食べようと思っててふと見たらパン祭りのシール剥がされてる❗️ 盗難があるとは知ってたけど本当にする人いるんですね なんか悲しい( ´_ゝ`) pic.twitter.com/mgtQXkFsPF

春のパン祭りのシール盗難でなくなるだけであのパン廃棄になるの悲しい…

これって犯罪になるの?

窃盗罪は10年以下の懲役または50万円以下の罰金という重い罪だ。ネットでは、それは客では無くて、泥棒ですねなどの反応がある。

また、そのシールで応募した場合は「詐欺罪」が成立する可能性があります。応募シールのキャンペーンをしている企業は、商品を購入していただくためにお得なサービスをしています。

そのため、応募シールだけを剥がして持ち去り、応募するのは「騙す行為」と言えるからです。

シールをはがす目的で店に入った場合には、建造物侵入に問われる可能性もあります

いま大人気のセルフコーヒー

150円のカフェラテを注ぐ意図があるのに、この意図を隠して、100円のコーヒーを注ぐことを装ってカップを購入したということであれば、店員さんを黙示的に騙してカップの交付を受けたことになりますから、詐欺罪が成立

店員からコーヒー用の白いカップを渡された後、自身が買ったコーヒーより50円高い、150円のカフェラテをカップに注いだのだ。

押し間違えたに過ぎないのであれば、犯罪の故意がなかったことになりますから、窃盗罪も詐欺罪も成立しません。

もし押し間違えた場合は、店員に事情を説明して、改めて100円のコーヒーを入れさせてもらう

地味に気になるのが・・・

1つは、他人が置き忘れたものを自分のものにしていまう『占有離脱物横領罪』。もう1つは、他人があえてそこに置いている物を勝手に持ち去る『窃盗罪』。

もし、自分の傘ではないと気づいていた場合、『故意』に盗んだことになり、窃盗罪が成立します。

あとになって他人の傘だと気づいたのに、自分の物のように使い続けたとしたら、あらためて占有離脱物横領罪が成立

1 2