1. まとめトップ

まずは姿勢を良くすることから!精神力を鍛える方法

不安や恐れを乗り越えるための推進力、めげない前向きさを持続させることができるのが精神力であり、それが強い人はプロのアスリートや成功者の見られます。凹まずに逆境屋プレッシャーに負けず、前向きに取り組みために必要な精神rにょくを鍛えるにはどうすればいいのでしょう?

更新日: 2019年03月14日

7 お気に入り 846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・姿勢を意識して精神力を鍛える

精神力と姿勢に関係があるってご存知でしょうか?実は、さまざまな研究の結果として、精神的に弱い人は、「下を向き、地面ばかりを見ている」人が多いとが分かっています。

つまり、フィジオロジー(視線や姿勢など体の状態の総称)が悪い人は、それにともなって、考え方がマイナス思考になってしまいます。姿勢をまっすぐに、少し上を向いて生活することを習慣にしてみましょう。初めは、意識付けと繰り返しの練習が必要になりますが、慣れれば自然とできるようになります。

少し上を向いて生活していると、不思議と気持ちの切り替えがうまくできたり、ポジティブな思考が芽生えてきます姿勢を正すことは、身体のバランスを良くするだけでなく、こころのバランスも良くしてくれます。

・食べ物を意識する

精神力が弱い状態は、心の問題ではなく、身体の問題である場合が多いです。あなたの食生活や運動・睡眠などの生活習慣が、心の状態大きく関係してきます。

特に、「食」はあなたの心身を形成する基礎になる部分であり、とても重要です。

現代人は、インスタントラーメンなどのジャンクフードを多く摂るようになり、食生活が欧米化し、ストレス耐性や精神安定に効果のあるビタミンCやビタミンAが不足しがちな傾向にあります。

・自分に少し負荷をかけるマインドを持つ

自分のできる極々小さなことから変えていくことで、自分に自身を持ち精神力が強くなります。

例えば、自分は精神力が弱く、人に声をかけるのが苦手という人であれば、毎朝ただ一言「おはよう」と笑顔で挨拶しましょう。その積み重ねが小さな自信の蓄積となり、少しずつ、ゆっくりではあるけれども、着実に自分を変えていく原動力になるのです。

ポイントは、決して無理はせず、やると決めた小さなことには全力で取り組むことです。全力を出し続けて初めて、自分の精神力を鍛えるチャンスが生まれ、こころを強くする伸びしろが出来てきます。

・運動を習慣化する

2000年代半ばに、オーストラリアの研究者達が被験者グループに、2カ月のあいだジムに週3回通って、ウェイトトレーニングとエアロビクスを行うという、運動プログラムに取り組んでもらうという実験を行いました。

その結果、驚くべきことに、被験者の悪習慣(喫煙や飲酒の摂取量など)の、行動回数が自制され、逆に運動習慣などの良い行動の回数が大幅に増えたのです。

まとめると、筋力を鍛えることにより、意志の強さも鍛えられ、良い行動習慣が身に付き、最後には幸福感が増すという結論に至ったのです。まずは週1回、運動をして筋力を鍛えてみましょう。

・失敗を恐れない

精神力を鍛えるには、失敗を恐れずに、まずやってみることです。

世の中には、所詮わからないことだらけ!
どのみち、誰であろうと未知のことにチャレンジすることからが、第一歩です。

それでも、実際始めてみると、自分だけではどうにもならないくらい、困難な場合も。
そんな時は、素直に誰かに聞いてみたり、助けを求めることも大事です。

そう、真面目な人ほど、「自分だけで何とか解決しよう」という心理から、
一人で抱え込んでしまう特徴があります。

これではかえって、自分で自分の首を絞めることになってしまいますね。

本当に精神力の強い人というのは、プライドにこだわらず、素直に人に聞けるものです。
また、一度失敗をしてみると、それがむしろ一番いい訓練にもなって、メンタル面が磨かれていきますよ。

・生活環境を整える

ちょっと風水っぽい発想ですが、精神力を鍛えることの一つに、
生活環境を整える方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

あまり意味がないように捉える人もいますが、生活環境と心の中は密接しているものです。
特に、お部屋の中を見るとその人の精神状態がわかるともいわれるくらい、生活の仕方は意味深いのです。

・相談できる人に話す

もし本当に悩みを抱えて困ってしまった時、誰か相談できる人はいるでしょうか。
人は、あまりに鬱憤を溜め込んでしまうと、心理状態としては不健康ですね。

また、誰かと会話をすることで、思いを言葉として表現する訓練になったり、
それが心の整理や精神力アップにも繋がったりします。

もちろん、相談する相手は、あなたにとって本当に信頼できる人を選ぶことも重要ですよ。

・一つのことを続ける

精神力を鍛えるために試す価値がある方法として、
何か一つのことを続けてみるのも大切です。

仕事・趣味・生活習慣など、どんな分野でも何かをコツコツとやり続けることは、
精神力を鍛えていく意味があります。

そう、例えば職人やアーティストなど著名人を見ても、
一飛びに成功している人はおそらくいないでしょう。

彼らに共通する特徴として、基礎から始まり、同じことを繰り返し訓練してきたことで、
メンタル面を磨くことにも繋がっていったに違いありません。

人というのは「苦しい思いはしたくない」という心理から、
つい面倒臭いことから逃げ出したくなるものです。

でも、何かをやり続けることで、月日を増すごとに精神力が高まり、
確実に自信へと変わっていきます。

こうした地道なワークは、怠けている人との差が、
雰囲気で見て取れてしまいますよ。

・自分の思考に対する認識を深める

精神力が大切なのは「世界は不確かなことや変化、マイナスなことに満ちているから」と語るのはホルトさん。

「もっと一貫性や自制心、回復力のある人になるために自らを高めていくと、人生でよりたくさんのサポートや心の平安、愛情を得られる可能性が高くなります」。精神力などについても、大抵は単純だけど難しいこと、つまり自分を認識することから始まります。

「自分の思考や感情と通じあうのに長い時間がかかりました」とホルトさん。「人生の大半は、私は多くの思考や感情を無視していました。それらは日常の習慣に溶け込んでしまい、正当か有用かも顧みられないまま自分の人生を支配していたのです」。

現在ではホルトさんは、特に思わしくない事態になったとき、自分の人生経験を観察することで思考や感情の力を利用しています。「自分自身、自分の思考、そして自分の身体と通じあっているという新たなレベルに到達すると、どんどん自信や自尊心がついてきます。自制心が強くなり、不安なときも平穏でいられるようになって、最終的には精神的にも強くなれるのです」

1 2