転生後の世界は羊皮紙が基準でしたが、彼女は前世の知識を活用して資金を稼ぎ、紙やインク、印刷技術などを開発。また「念願の図書館に就職が決まったもののその日に死んでしまった」という前世での心残りを晴らすように、異世界でも司書を目指し画策します。

出典『本好きの下剋上』がTVアニメ化 転生後の世界で"本作り"に奔走する人気ファンタジー | ほんのひきだし

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

転生後の世界で“本作り”?『本好きの下剋上』がアニメ化決定!

念願だった図書館への就職が決まったその日に命を落とす。もっと本を読みたかったという未練を抱えた彼女が目覚めると、その肉体は異世界の少女マインになっていた。だが、本は魔法の力を持つ支配階級の貴族たちのもので、本を売る店もない。マインは本を手に入れるべく、現代知識を駆使して自ら本を作ることを決意する。

このまとめを見る