1. まとめトップ

静岡音頭やマンホールも消えた!ピエール瀧逮捕で広がる自粛活動に様々な声

ピエール瀧が出演したCD・テレビドラマ・映画作品・CMだけでなく、藤枝駅南口のピエール瀧のマンホールまで消えている。

更新日: 2019年03月14日

2 お気に入り 5399 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

ピエール瀧逮捕でセガはゲームの販売を自粛した

セガ、ピエール瀧容疑者逮捕を受けてPS4『ジャッジアイズ』の製品出荷およびDL販売自粛を発表 famitsu.com/news/201903/13… pic.twitter.com/73QyhjeCoI

セガゲームスは2019年3月13日、ピエール瀧容疑者が登場するゲーム作品「JUDGE EYES:死神の遺言」の出荷およびダウンロード販売を自粛すると発表。さらに、同作品に関するツイッターの投稿を削除したと報告した。

CDや映画作品からピエール瀧が消えている

ウォルト・ディズニー・ジャパンからは、『アナと雪の女王』に登場するオラフの日本語版吹き替え声優をピエール瀧氏から交代するというニュースリリースが公開。

ピエール瀧氏が所属するソニー・ミュージックレーベルズからもCD・映像商品の出荷停止・在庫回収・デジタル配信停止が発表された。

4月5日公開予定の映画「麻雀放浪記2020」に科学者役で出演しているが、制作した東映は公開延期か中止、出演箇所のカットなどを検討中という。5月公開予定の映画「居眠り磐音」はきょう14日の試写会を中止し、瀧の出演部分を撮り直すことに決った。

ピエール瀧はNHK大河ドラマ「いだてん」にも出演中。

今回の逮捕で名声に傷がつくのはもちろんだが、過去の出演作を含むドラマや映画、そしてCMに影響が出るのは確実で、「100億円規模の損害になってもおかしくない」との声も聞かれる。

瀧の逮捕で関係者への損害賠償は10億円とも30億円との報道もある。

■過去に出演した地上波ドラマ
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
NHK「となりのシムラ」
NHK土曜ドラマ「64ロクヨン」
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
NHK土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
NHK連続テレビ小説「おひさま」
NHK大河ドラマ「龍馬伝」
MBS「MM9」
日本テレビ「おじいさん先生」
フジテレビ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
日本テレビ「人類滅亡と13のコント集」
日本テレビ「私立探偵 濱マイク」
TBS「木更津キャッツアイ」
テレビ朝日「カケオチのススメ」

■過去に出演した映画
「アウトレイジ 最終章」
「海賊と呼ばれた男」
「怒り」
「シン・ゴジラ」
「日本で一番悪い奴ら」
「エヴェレスト-神々の山嶺-」
「珍遊記」
「の・ようなもの のようなもの」
「先生と迷い猫」
「進撃の巨人」
「寄生獣-完結編-」
「アナと雪の女王」※日本語吹き替え
「くじけないで」
「そして父になる」
「凶悪」
「のぼうの城」
「ぱいかじ南海作戦」
「はやぶさ 遥かなる帰還」
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
「僕達急 – 行A列車で行こう – 」
「モテキ」
「落語物語」
「わたし出すわ」
「ぼくは うみが みたくなりました」
「少年メリケンサック」
「ブタがいた教室」
「百万円と苦虫女」
「隠し砦の三悪人THE LAST PRINCESS」
「犬と私の10の約束」
「グミ・チョコレート・パイン」
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
「ワルボロ」
「恋するマドリ」
「ユメ十夜」
「虹の女神 Rainbow Song」
「ゆれる」
「日本沈没」
「ALWAYS 三丁目の夕日」
「リンダ リンダ リンダ」
「ローレライ」
「SURVIVE STYLE 5+」
「漫★画太郎SHOW ババァゾーン(他)」
「手を握る泥棒の物語」
「アイデン&ティティ」
「1980」
「SF:Short Films」
「月の砂漠」
「DRIVE」
「Red Shadow-赤影-」
「SF:Stereo Future」
「SF:サムライフィクション」
「Happy People」

LIXILはCMコンテンツを削除

瀧容疑者がCM出演していた建築材料・住宅設備機器大手のLIXILはORICON NEWSの取材に対し、同容疑者が出演するCMなどコンテンツをすべて閉鎖、差し替えていく方針を明らかにした。今後のCM契約については「関係各所に確認、調整中」としている。

2016年よりLIXILのCMに起用されており、最新CMでは俳優の山下智久や女優の広瀬アリスとともに出演。

静岡PR「まるちゃんの静岡音頭」も自粛

出身・静岡でも急遽対応 #ピエール瀧容疑者、まるちゃんの静岡音頭歌っていた sankei.com/affairs/news/1… #静岡市 のPRソング「#まるちゃんの静岡音頭」。歌っているのは瀧容疑者だ。静岡市は市役所内のエレベーター内で流していたが休止。庁舎内に張られていたポスターや歌詞カードを撤去した。 pic.twitter.com/ymmqOgLWUX

静岡発の有名人二人がコラボした『静岡市のPRソングまるちゃんの静岡音頭』にも影響が出てきており、静岡市のPRのためにイベントなどで使用されたり、庁舎内にあったポスターや歌詞カードも撤去するなどお役所にまで影響を与える事態となりました。

ちびまる子ちゃんの作者「さくらももこ」は静岡県清水市出身。

また、今月27日に市民向けに開催する予定だった「まるちゃんの静岡音頭」の講習会についても、中止を決めたということです。

藤枝駅南口にあるピエール瀧のマンホールも消えた

マンホールの蓋は、静岡県出身のピエール瀧さんが出演する人気深夜バラエティ「しょんないTV」と藤枝市下水道課がコラボして製作。

デザインは同じく静岡県出身である漫画家・しりあがり寿さんが手掛け、ピエール瀧さんや藤枝市の特長であるサッカー、藤の花がイラストで描かれていました。

藤枝市下水道課の担当者に取材した。駅前に設置されているマンホールが撤去されるのかを聞くと、「マンホールは撤去できない。なので、表面を隠す方法を検討しており、現場で対応中」とのコメントだった。

Jタウンネット編集部が2019年3月13日にマンホールの件で藤枝市水道課の人に取材した。

藤枝駅南口にあるピエール瀧のマンホール、今朝はあったのに18時頃に無くなっていた... pic.twitter.com/ebmuMygvbh

ネットの声

@30nofulife まずピエール瀧のマンホールがあったことに驚きましたw

藤枝駅前のピエール瀧マンホールなくなってたわ 最後に見ておこうと思ったのに…

マンホールのふたにまで影響が。 ピエール瀧ってすごいんだなぁ

1 2