そのようなことを防ぐためにも質問は事前に考えておきたいものです。

例えばご紹介した「今回の面接で、何か不足している経験やスキル等の、不安を感じた点があれば、教えてください」という質問は面接官が不安に思っていることを聞き、それをフォローする機会を得ることができる良い質問だと思います。

ただ、面接官の回答に対してすかさず弱点をフォローできる臨機応変さが求められるため、フォローに自信のない方はあらかじめ回答パターンをいくつも用意しておいて、それを上手く使ってフォローするのが良さそうです。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【面接対策】「最後に質問ありますか?」に対する必勝の回答とは

就活をする上で避けて通れないのが、面接最後の「何か質問はありますか?」というフレーズ。「特にありません」はNGという情報は目にするけど、じゃあ何を聞けばOKなのか。どうすれば印象を良くすることができるのか、その回答をご紹介します。

このまとめを見る