とうとう3代目に突入したコスモは、マツダの高級車として君臨する4代目ルーチェと姉妹車になるよう肩を並べた。形状は2ドアまたは4ドアのハードトップか4ドアセダンで、ハードトップは格納できるライト、リトラクタブル・ヘッドライトを持ち、エンジンは従来通りのロータリーだけではなく、新たにターボも加わったが、ロータリーエンジンは燃費や出力を向上させるために12A型に変わった。これは当時の国産車の中でトップクラスの性能だった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

マツダ・コスモは初めてのロータリーエンジン搭載と豊富なバリエーションを果たした

マツダはかつて、国内で初めてロータリーエンジンを用いた乗用車・コスモを生産、販売していた。

このまとめを見る