活躍めざましい…いまフォローすべき「学生社長」たち

いま話題の「学生社長」たちをまとめました。今回は、求人サービス「タイミー」創業者の小川嶺さんや、「YouTuber Academy」を展開する齊藤涼太郎さん。さらに、あのDMMに認められた岩﨑翔太さんなどを紹介します。

更新日: 2019年03月28日

26 お気に入り 30137 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「史上最年少上場」を狙う若き起業家

16:40からプレゼンします! 投票よろしくお願いいたします! #タイミー #tctokyo #スタートアップバトル pic.twitter.com/AxchpRAwPR

株式会社タイミー代表「小川 嶺(おがわ りょう)」さん。

ワークシェアリングアプリ「Taimee(タイミー)」を運営する株式会社タイミー代表の小川嶺さんは、1997年生まれの現役大学生

指でくるーっと 時計をなぞって そのままタイムプッシュ これだけで働けちゃうのが Taimee pic.twitter.com/Qj3eWQlm05

「今すぐ働けて今すぐお金がもらえる」をキャッチフレーズに、スマートフォンアプリで利用できる仕事のマッチングサービスを展開しています

ユーザーが働きたいと思ったときに、日時とエリアを指定するだけで仕事が見つかり、報酬もすぐにもらえることがひとつの特徴

既存の求人サービスの「面接や履歴書が面倒くさい」点を解消し、どちらも不要で働くことを可能にした仕事マッチングサービス。

大学生活って意外と空き時間が多い。スマホを触っている時間も長い。そこで考えた。アプリに暇な時間を入力すると、その時間にできることを教えてくれるようなアプリがあれば面白いんじゃないか?と

ひまになったミ〜 今日のバイトあるかな〜♩ #タイミー #プロアルバイターの生活

急な予定変更でも時間の有効活用ができる「Taimee」は見事に大ヒット。

いつも賑やかなオフィスで初めて一人になって気づいたけど、ユニークで頭良くて素晴らしいメンバーに囲まれた一年だったな 来年は社員50人くらいに拡大したいと思っているので皆様お待ちしております! #タイミー #一年を振り返る pic.twitter.com/uhycErZbaB

順調に起業を進めていく彼の目標は…

世界に名を残すことから逆算した人生を歩んでます。そのためにも「史上最年少上場」を狙ってみたいなーとも思ってます

今後の成長にも期待!

「YouTubeの学校」で一躍有名に

【第251回 EdTech特集】 5社目はFULMA株式会社。 “YouTuberになる”から学べる 日本初の小学生向け教育プログラム「YouTuber Academy」 morningpitch.com/startups/14254/ #morningpitch #モーニングピッチ pic.twitter.com/nHuCRC0jjE

FULMA株式会社代表「齊藤涼太郎(さいとう りょうたろう)」さん。

大学2年生にして『YouTuber Academy』を運営するFULMA株式会社を設立

子どものための、YouTuber教育プログラム。

高校の時に作った団体が、ボランティアスピリットアワードというプルデンシャル生命がやっている全国のボランティア活動を表彰する場で、トップを取った

地元商店街のお祭りの手伝いや、小・中学生向けのキャンプの企画、運営に携わっていたという。
大学でもそうしたことをしたいと思い、起業を視野に入れ始めた。

「いま子どもたちが一番やりたいと思っているのにやれていないこと、支援が必要なことは何だろう?」、そう考えて世の中を見渡した時に、これだと思ったのがYouTuberだったんです

早くやるほうが失敗しても有利だと思えた。今成功している人たちでも、始めの時はどうやれば良いのか分かっていなかったはずだ、自分が30歳になった時にはもっと先へ行けているはず、という考え方

そんな彼は今後の活動方針について…

目の前の選択肢を、大人たちの主観でふさいでしまうのではなく、まずは一度、体験ができる場を作ってあげるようなサポートをしていきたい

大企業にも認められた大学生

【DMM社との資本業務提携のご報告】 株式会社終活ねっとは、合同会社DMM.comへ株式譲渡し、資本業務提携したことをお知らせいたします。 dmm-corp.com/press/press-re… DMM社と共に、ライフエンディングのNo.1ブランドを目指します。 これからが本番です。 よろしくお願いします。 pic.twitter.com/VozjZXFKaA

株式会社終活ねっと代表「岩崎翔太(いわさきしょうた)」さん。

終活ねっとは、葬儀やお墓など人生のエンディングにまつわる様々な情報を配信するメディア「終活ねっと 〜マガジン〜」、そして葬儀事業者などを集めた比較サイトの「終活ねっと」を運営する

岩崎さんはそれまで、サークル活動やアルバイト、暇な時には漫画を読むといった“いわゆる普通の学生生活”を送っていたという

周りに若手起業家もいたことから、起業を決意。

1 2