1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●コカイン使用の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者

俳優やミュージシャンとして活動しているピエール瀧(51)本名・瀧正則容疑者が

コカインを使用したとして厚生労働省麻薬取締部に逮捕されました。

逮捕容疑は12日ごろ、東京都内やその周辺で、コカイン若干量を摂取した疑いです。

・容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという

コカインは南米原産のコカという植物の葉の成分が原料で、多くは無色や白色の粉末です。

・尿を調べたところ、カインの陽性反応が検出されたという

厚労省関東信越厚生局麻薬取締部によりますと、ピエール瀧容疑者を東京・世田谷区内の自宅から任意同行して尿を調べたところ、

・自宅から、吸引時に使用したとみられる外国紙幣を押収したことも判明

ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)の自宅から、吸引時に使用したとみられる外国紙幣を押収したことが13日、関東信越厚生局麻薬取締部への取材で分かった。

外国紙幣は、本人の部屋から細く丸められた状態で見つかり、ストローのようにして鼻から吸引した可能性がある。

この事件で新たにわかってきたこと

・その後の調べで「20代の頃からコカインや大麻を購入し、使用していた」などと供述していることが判明

【常習的に使用か】ピエール瀧容疑者「20代の頃からコカイン使用」 news.livedoor.com/article/detail… 調べに対し、「20代の頃からコカインや大麻を使っていた」と供述しているという。読売新聞が報じた。 pic.twitter.com/0eNk6rScDq

その後の捜査関係者への取材で、ピエール瀧容疑者が薬物の使用を始めた時期について、

「20代の頃からコカインや大麻を購入し、使用していた」などと供述していることが新たにわかりました。

・一方で「使っていない時期もあった」とも話しているという

容疑者の使用頻度、常習性については、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称・マトリ)が昨年秋からマークしていたとされている

・容疑者がライブの際にコカインを使用した可能性もある?

容疑者は、3月10日に大阪でのライブに出演し、翌日、帰宅後にすぐに外出し、12日の午後6時ごろに帰宅した際に、麻薬取締官に声をかけられ、逮捕された。

コカインは、常習性などにより、4日前の使用でも検出されるとされ、麻薬取締部は瀧容疑者がライブの際にコカインを使用した可能性もあるとみて、使用状況や入手経路を追及する方針。

1 2 3