1. まとめトップ

アンソニー・ボーデイン~世界で最も影響力のあるシェフ~

世界規模の大成功を収めた人気者である彼について掘り下げてみる。

更新日: 2019年04月03日

1 お気に入り 1481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

食べるの大好き。

☣トニーの魅力☣

ストーリーテラーとしての力量、ライターとしてのスタイル、見知らぬ世界で出会った人々と交流する人間的な魅力

シェフの領域を超えた魅力を兼ね備えた人物。

セレブはセレブでも、「ちょいワルのロックおやじ」というのが、人々が知る彼のキャラクター

。元ドラッグ中毒者であり、高級レストランのシェフとして活躍し、ベストセラー作家となり、食を中心とした旅行番組で80以上の国を訪れその国々で現地の人々と食卓を囲みながら彼らの話に耳を傾けてきた

旅していても、トニーは「サラダバーは出すのは(コストが下がるから)好きだが食べるのは(雑菌だらけだから)キライだとか、クリスマスメニューにトナカイを出せば子供は泣き喚くぞ」と嬉しそうに語ったり。

 ただ、それが嫌味になりすぎないのは、本人はちゃらんぽらんで好き勝手やっているように見えながらも偽善を嫌い、政治家や役人の権威を小馬鹿にして、美味いものは美味いと讃え、不味いものには罵声を浴びせ、愉しいときには笑い、苦しいときには泣き、正直だってところがはっきりしているからでしょう

☣トニーの名言☣

思いやりのある寛大な人もそうではない人も、すべての人が自分たち自身、過去に果たしてきた役割、自分たちが見てきたこと、無視したこと、普通だと思って受け入れてきたこと、単純に見逃していたことをしっかりと見つめる。そして将来、自分たちが歴史のどちら側にいたいのかを考える。僕たちはもうずいぶん前から歴史的にそうする時期に来ている

#MeeToo運動とフード業界について。

精神にとって永眠の地はない、独善的な明解さに重要性はないと知ること。おそらく知恵とは、自分が小さくて愚かであり、これからどれだけ進まなくてはいけないかに気がつくことだ

もし何かを提唱するなら、動くことをすすめたい。可能である限り遠くまで、可能な限りたくさん動く。海を渡って、もしくはもっと簡単に河を渡るのでもいい。誰かほかの人の立場に立ってみる。少なくとも彼らの食べ物を食べる。それは誰にとってもいいことだ

旅について

人生を生き、世界を旅すると、君はものごとに少しだけ変化をもたらす。君は小さいながらも痕跡を残すんだ。そしてその代わりに人生と旅も君に痕跡を残す。君の心と体に残る痕跡は美しいものだ。大抵の場合はね。でも時にはとても痛いものもある

人生は、常に分別のある選択をするべきだ、また短期的に見ることが常にベストではない、と考えがちかもしれない。目の前に今あるもの、また自分や自分のもの、いいビジネスのために物事がスムーズに進み続けるようにする責任を持って生きよ、と。ただ多分、分別なんて捨ててしまう方がいい

分別について

ただオープンでいること。恐れないこと。酒を飲むのが適切な行動であれば、思い切り飲む。賢明であること。でも世界に対して心を開くんだ

☣親日のトニーの一面☣

彼の友人である世界有数のシェフ15人が震災後の日本に集結し、食の祭典「 Cook It Raw in ISHIKAWA」が2011年11月に金沢・かくほ市の「アマンダンヴィラ」で開催されました

こよなく日本を愛していた彼に感謝。

日本が持つ細部へのこだわり、完璧主義、美しさの、喜びの、リラクゼーションの最も根幹となる要素への集中

彼が日本をリスペクトする理由についてさわりを説明しています。

☣トニーの私生活☣

米ニュージャージー州レオニアで育ち、10代の頃からキッチンで働き始めた。

高校時代のガールフレンドNancy Putkoskiと1985年に結婚するも、20年ほどの結婚生活を経て2005年に離婚

米北東部でコックや副料理長を務め、マンハッタンのレストラン「ブラッスリー・レ・アール」で総料理長に就任。
現在は、上記店舗は閉店している。

2人目の妻、(イタリア人、総合格闘技ファイター) Ottavia Busiaとの間に一人娘Ariane(2007年誕生)がいるが、結婚9年目の2016年に離婚

イタリア・ホラーの巨匠、ダリオ・アルジェントの娘で女優/映画監督のアーシア・アルジェントと交際。

☣トニーの最期☣

ボーデイン氏はアルザス(Alsace)地域オーラン(Haut-Rhin)県のカイザスベルク(Kaysersberg)村にある高級ホテルで首をつった状態で見つかった

彼が最期を迎えたホテル。

アンソニーの自殺の数日前、彼女のアーシアがジャーナリストの男性と、イタリアのローマにて、親しげにハグしている姿をパパラッチされていたため、果たして、最後の恋人であるアーシアと、トニーが交際を継続していたのかは謎である、、、、

☣トニーへの追悼の言葉☣

「トニーは、私たちに食について教えてくれた。でも、もっと重要なことも。それは、食が人と人とをつなぐそのパワーについてだ。私たちが未知のものに対して抱く恐れを少し軽くしてくれるように」

1 2