1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大物俳優と恋愛相手との『年齢差』に、『現役感』ハンパないっす!!

『レオナルド・ディカプリオ』の過去の恋愛相手の年齢をグラフ化したものが、話題を呼んでいます。いやぁ、好みのタイプが一目瞭然!! 大物と呼ばれる年齢でありながら、若い女性との恋愛で、『現役感』ハンパない!!って方々をご紹介。

更新日: 2019年03月19日

9 お気に入り 81097 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼『25歳までの女性しか愛せない』を証明したグラフが、分かり易い

レオナルド・ディカプリオ氏(44)お付き合いする女性を25歳
定年制としていたグラフの件。気付いたこと、訴えたいことを
分かりやすくグラフにまとめるセンス、とても勉強になります。

これ海外じゃグラフの内容そっちのけで デザインの素晴らしさで
話題になってたよw これ、エクセルで作ったんだって 使いこなせる
人の手にかかればエクセルでもこんなハイクオリティになるんだって
驚いたわ。

▼囁かれる、『レオ様がずっと独身でいる理由』

新しいガールフレンドとして、レオはさっそく(ブレイク・)
ライブリーを母イルマリンさんに紹介したらしいが、ライブリーも
少し舞い上がっていたのか、あるいはそれが地なのか、シャネルの
モデルになったことや『Gossip Girl』の話ばかりしてしまった
らしい。

するとイルマリンさんは後でレオに、“あの子はプライドが高く、
自意識が強い目立ちたがり屋のタイプ。あなたには向かないわ” と
バッサリ斬ったというのだ。

マミー・ボーイで知られるレオ、彼は相変わらず母親のイルマリン
さんに頭が上がらない。母の「OK」が出ない女性はやっぱりダメ
なのだ。

モデルのバー・ラファエリとも、6年間交際した末にそうして破局している。

生年月日 1980年7月20日
破局 2005年
1999年から6年間交際。
最も有名な交際相手として知られている。

ジゼルは、2005年にディカプリオと破局したのは、人生において
難しい局面を迎えていた時だったと語る。パニック障害を起こすなど
不安神経症に陥り、回復するためには大きく変化する必要があると
彼女は悟ったという。

「タバコを吸ったりお酒を飲んだり仕事をしたりして自分自身を
紛らわすことはしなかった。そうすると見ないようにしていたことが
どんどん意識されるようになっていった」。当時交際していたレオナ
ルド・ディカプリオの生き方もそうやって目を背けていたものの1つ
だったみたい」

"レオは変わらないことを望んだのか? "の問いに、”悲しいことだけれど、答えはイエス”と、ジゼル本人は語っている。

レオと別れた後パニックの発作を乗り越え、NFL選手のトム・
ブレイディと結婚したジゼル。一方のレオはその後も数々の女性と
恋を楽しみ、今も独身貴族ライフを継続中。

▼『61歳』にして、『35歳年下』の現在の恋人との間に『第9子』

子供が誕生時 メル61歳 ロザリンド26歳

元々は数々の金メダルを獲得したアメリカ有数の
軽乗馬術競技選手。いきなり脚本家転身を目指し、
ボストンの大学で脚本講座を受講。才能があった
のかすぐにTVドラマの脚本執筆の仕事にありつい
たが、ステップアップのためにメルが率いる映画
製作会社「アイコン」に就職希望。就職面接で、
美しく聡明なロザリンドにメルがひと目惚れし、
そのままコスタリカに所有する別荘に自家用機で
GO!
- ELLE より

(9番目の子の誕生時すでに、)メルは2011年に離婚した元妻
ロビン・ムーアとの間に17歳から36歳の7人の子供を持ち、元恋人
オクサナ・グリゴリエヴァとの間にも7歳の娘が。

メルはこのようにメディアに語っている。「年齢と男女関係に
ついて言えば…まあ、年齢なんかただの数字。そういうことだ。」
「お互いのことが好きなんだ。それに彼女は大人だ。そりゃあ、
(35歳の年の差が)問題になる可能性はある。そういうことに人は
ビビってしまうものだし。でも今はうまく行ってるぜ? 彼女は
とてもスペシャルな人。そう、俺は彼女が好きなんだ。そういう
ことさ。」

▼『28年間連れ添った』奥様と離婚後は、お相手の年齢は下がる一方

1979年、メルは当時看護師だったロビン・ムーアと結婚して6男1女
をもうけた。夫妻は2006年から別居状態となり、メルは15歳年下の
ロシア人歌手、オクサナ・グリゴリエヴァとの交際を開始。

2010年、オクサナとの間に女児が誕生し、これが決定打となって
ロビンと正式に離婚することとなった。2011年に行われた離婚訴訟で
、メルはハリウッド最高額といわれる4億ドル(442億円以上)の慰謝料
の支払いを命じられた。

しかし、離婚の原因となったオクサナとも長くは続かず、オクサナ
はDVを理由にメルを告訴。泥沼裁判の結果、メルはオクサナにも
75万ドル(約8300万円)慰謝料を支払うことになった。

▼『泥沼裁判』を繰り広げた元カノは、『15歳年下』

ロシアの寂れた街で生まれるも、イギリスの
永住ビザを得るために英国人と結婚。その後、
イギリス人俳優ティモシー・ダルトンに乗り換え、
更にティモシーと別れた数年後には、既婚者だった
メル・ギブソンを妻ロビンさんから奪う形でゲット。

- COSMOPOLITAN より

オクサナにはめられたと散々嘆いたメルについては「若い女性への
お手付きはもう懲りたのではないか」とも囁かれたが、好きなものは
好き。どうしようもないのだろう。

1 2