1. まとめトップ

転職が増えている!?その理由を調べてみた件

新卒で入社した会社で勤め上げるというのは過去の話。人手が足らず、売り手市場となり、就職氷河期で入社した人々は、労働環境が自分に合っており、能力にあった給料を貰える会社に転職する人が増えてます。転職理由は色々あるけれども、どんな理由で転職しているのかを調べてみました。転職は自己責任で。

更新日: 2019年08月01日

2 お気に入り 6743 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jumborinさん

転職理由

退職理由の本音ランキング
1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

転職離職者の離職理由に注目してみると、会社都合の理由よりも、収入や勤務時間などの労働条件や職場の人間関係、仕事内容などの個人的な理由を挙げる人が増加傾向

転勤は終身雇用制度の副産物だったが、近年、従業員側から見た意義は薄れつつある。転勤と転職を天秤にかけた上で、メリットの大きい方を選ぶべきだ。

会社から転勤を命じられたら、従業員は原則として拒否できないという制度は、日本に特有なもの

転職時期

転職防止策

離職防止策として入社前、入社後それぞれの各プロセスにおいて制度の導入や見直し、HRテックなどを活用した多角的な防止策をPDCAサイクルで運用することが必要。

転職参考サイト

1