1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

インドア派におすすめ!連休に読みたい「長編青年マンガ」

連休。旅行や外出もいいけれど、こんな機会だからこそ、巻数の多い「青年マンガ」に挑戦するのもおすすめ!『ゴルゴ13』、『風の大地』、『三丁目の夕日 夕焼けの詩』、『土竜の唄』、『黄昏流星群』、『キングダム』、『GIANT KILLING』。

更新日: 2019年05月26日

10 お気に入り 8959 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ゴルゴ13』(さいとう・たかを)

小学館の漫画誌「ビッグコミック」で1968年11月に始まった劇画。主人公「デューク東郷」ことゴルゴが、依頼を受け標的を暗殺する物語。任務遂行への姿勢や、名言が支持され、コミックなどの発行部数は2億部を突破。漫画の最長連載記録を更新している。

『ゴルゴ13』社会情勢や歴史、国や企業の闇?までも分かり納得し考えさせられる。それらをたった一発の銃弾で解決。本当に面白い。

ゴルゴ13を全巻読んでいると、まるで未来予測かと思われた作品がゾロゾロ出てくる。サイトウプロが政治番組に出たら面白いだろうなと思うレベル。で、それはそれとして、本当にこのレベルの情報機関を持った政治家って漫画にもなるのだから、リアルにいるのだろう。国民にはオブラートで話しながら。

◆『風の大地』(原作:坂田信弘 作画:かざま鋭二)

栃木県鹿沼カントリークラブの研修生、沖田圭介は、24歳と、年齢的には遅いスタートながら、プロゴルファーを目指すべく日々練習に明けくれている。だが、沖田はまったくの素人であるため、まだ上手に球を打つことができない。

風の大地、最初はネタ漫画だろうなって思って読み始めたら序盤がめちゃくちゃ面白くてでもこんな長期連載ならどっかでだれるんだろうなって思ってたらマンガワンで更新されてる分はずっと面白くて単行本全巻買ってもずっと面白くて、びっくりしたんだよ。

ゴルフ漫画で風の大地という漫画。 ロマンが詰まりすぎている。 一言一言が洗脳されそうです 名言集かこれは。 それくらい面白いってこと笑

◆『三丁目の夕日 夕焼けの詩』(西岸良平)

昭和30年代に現代人の心のふるさとを追う珠玉作の数々。さまざまな場で活躍する“プロフェッショナル”たちの姿をコミカルに、またペーソスあふれるタッチで描いた、現代のメルヘン集。

西岸良平先生の傑作『三丁目の夕日 夕焼けの詩』映画でも有名な作品。絵もストーリーも心にジンワリと染みる名作。絶対読んでもらいたいイチ押し 投票はこちらから↓ https://t.co/p0y5HJxexr #ミス漫画全巻 #三丁目の夕日 #夕焼けの詩 pic.twitter.com/yB6y4rFvSg

【三丁目の夕日 夕焼けの詩 61 (ビッグ コミックス)/西岸 良平】実は全巻読んでいる。通して読むだけで色んな事がわかるのだが、全巻通して言える事は「古びない」という事。どの巻から読んでも楽しめるの... →bit.ly/X8Js8w #bookmeter

◆『土竜の唄』(高橋のぼる)

交番に勤務する警察官・菊川玲二は、揺ぎない正義感を持った熱い男だが、まっすぐ過ぎるがゆえにやり過ぎてしまうこともしばしば。この日も署長から呼び出しを受けることに。すると署長の口からは、なんと玲二への懲戒免職勧告が飛び出して…

土竜の唄(高橋のぼる)、話の作り方、見せ方をよく知ってて漫画が抜群に上手い。漫画喫茶いったときにどうぞ。

◆『黄昏流星群』(弘兼憲史)

主役は40代以降の中年・熟年・老年で、恋愛を主軸に人生観などを描いた短編漫画集。

弘兼作品は島耕作だけじゃなく、人間交差点も黄昏流星群も面白い 島耕作のつらさや人間ドラマの部分を凝縮したのが人間交差点、中高年の性のカオスな部分を凝縮したのが黄昏流星群

なんとなく読み出した黄昏流星群が「中高年の夢見るファンタジー」感あってまじで面白すぎてやばいしちょいちょい煽り画像が見つかるからテンションあがる pic.twitter.com/lIt1snVeYG

◆『キングダム』(原泰久)

時は紀元前――。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

この三日間、原泰久先生の「キングダム」を一気に読み返し。なんて素晴らしい作品なんだ、俺の漫画トップ10には確実に入る。魅力的な登場人物、迫力のある戦闘描写、そして興味深い戦略と戦術が想像以上に上手く語られている。兵站の中尉の俺にはたまらない傑作だ。

キングダム全巻買ったけどバカ面白いな蒙恬と騰最高かよファルファルファル!

1 2