1. まとめトップ
  2. 雑学

流石うどん県は違った!!香川県の「うどん三食」の意味に驚きの声が…

香川県といえばうどん県といわれる位のうどんすきです。だから「うどん三食食べる」なんて言葉がありますが、しかしこの言葉なんと「朝昼晩」という意味ではないというのですから驚きです。これは香川県のうどん屋の特性に大きく関わっているようで、驚かれている人も多いです。

更新日: 2019年03月16日

18 お気に入り 66537 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

自称「うどん県」という位うどん好きな香川県

せっかく香川に旅行するなら、うどんだけではもったいない!
面積は日本最小ですが、魅力は日本最大級です。

海や山といった大自然、獲れたての海の幸を味わえる絶品グルメ、「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地となった美しい町。

デートも楽しめる定番の観光スポットから、穴場スポットまで盛りだくさん。

魅力いっぱいです。

「うどん県」と名の付くほど、香川県にはかなりの数のうどん店が。

高松空港を降り立ってまずお出迎えしてくれるのは、手荷物コンベアに流れるうどん(笑)県内には数多くのうどん店があり、うどんを食べに行くためだけに旅をされる方もいるほど「香川=うどん」は有名

でも他にもおいしいものがあるんですよ!!

多くの他県が勘違いしていたことがある

しかし、香川県民の場合はこれを「一度の食事でうどん店を3軒ハシゴする」ことだと考える――というのだ。

香川県にはうどんを主としている店が700軒近くもあり、日本で1番面積の少ない県でもある香川県には、それだけうどん店が密集しているということになります。

店のタイプとは、大きく分けて「一般店」、「セルフ」、「製麺所」タイプの3つに分けることができます。

ありすぎて、全部比較しようものなら途方にくれる店舗数です。
有名店を1店舗ずつ調べようとしても、それなりに時間がかかってしまうもの。

なのではしごすることを「うどん○食」というようです。

確かに香川県のうどん屋は夜に閉まることが多い!!

食べたいお店が閉まってて、ガッカリしている人を何度も見てきました。

一部夜までやっていますが、駅前が多いですし、むしろ朝早いイメージです。だから三食=朝昼晩はあり得ないのです。

自分でゆでて商品を取ります。丸亀製麺みたいなものです。

席に座って店員に注文して食べる「一般店」タイプと先に注文カウンターで器をもらい、自分で麺を温め、トッピングなどを済ませてから精算する「セルフ」タイプだ。

また、麺の卸しが本業の製麺所がお客の希望でうどん食を提供するようになった「製麺所」タイプのお店もあり、観光協会の公式サイトでもそれぞれのタイプのうどん店が説明されている。

「お休みの時に行くことはあるかもしれませんが、人によるかもしれないですね...」
とのこと。さすがに県民にとっての「常識」とまでは言えなそうだ。

そういう人もいるという認識でしょう。

様々な声が…

香川人の「うどん3食」は意味が違う? 普通は、「朝・昼・夜」の三食だと思うけど... #ldnews news.livedoor.com/article/detail… お酒の「かけつけ3杯」が香川県では、うどんの「かけつけ3杯」が常識なんだね。 ※日本酒1合で飯3杯分…カロリーがうどん3杯よりも上に… あな恐ロシア…

香川人の「うどん3食」は意味が違う? 普通は、「朝・昼・夜」の三食だと思うけど... #ldnews news.livedoor.com/article/detail… 私は食べても朝昼晩で1回の食事で3杯はないかな。 香川県に来てもらって食べ比べしてほしい時はするかもしれませんが…

1 2