1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新インスタ映え地球掃除 #Trashtagチャレンジが話題に。

SNSで良い支援も広がって欲しい。ある行動が話題になっています。地球をキレイに!

更新日: 2019年03月16日

25 お気に入り 40555 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎SNSはネガティブワードも多い…

◎良い支援も!数年前に話題になったアイスバケツチャレンジ

インターネット上では数年前、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への支援を訴えて氷水をかぶる運動「アイス・バケツ・チャレンジ」が広がり、1億1500万ドル(約128億円)の募金が集まった。

2014年頃にYouTubeなどを通して社会現象となった、筋萎縮性側索硬化症の研究を支援するために、氷水を被ったり寄付をする活動を「何チャレンジ」と言うでしょう? 答え:アイスバケツチャレンジ

◎そんな中、世界のゴミ事情に目を向けたチャレンジが話題に。

インスタグラムのハッシュタグ「#trashtag」を合言葉に、公共の場のごみを拾う運動が世界各地に広がっている。

▼自発的にゴミ拾いしよう!#trashtagのハッシュタグで広がっています

#trashtag is awesome, never thought I’d support one in a non sarcastic fashion. I sure hope this challenge sticks around. pic.twitter.com/3t2dIqZvsE

各地の公園や道路、海岸でごみを拾って前後の画像を比較する投稿が相次ぎ、12日までに2万6000件を超えた。

▼海や山、公園でゴミ拾い前後を投稿

ごみが捨てられているところを探して写真を撮ってすべて片付けてから写真をまた撮って認証するチャレンジ。

のごみ拾い前後の画像を#trashtagのハッシュタグと一緒にインスタグラムに投稿したところ、シェアや「いいね」の件数が急増し、投稿を見た人々による同様の画像投稿が増えている。

▼個人でもチャレンジ!

#trashtag -Just one of the many days cleaning up our local water ways. Featuring Selma Kayak and Large Marge the Garbage Barge. ift.tt/2SVcbgT pic.twitter.com/wFX3ysBc7p

海外のSNSで広がりを見せているチャレンジ。自発的にゴミ拾いをし、ビフォア・アフターを投稿する「#trashtag」 dlvr.it/R0wBM4 pic.twitter.com/Sba4zcJsNk

▼道路の側でポイ捨てもきれいになりました。社会貢献も。

ごみ拾いの運動もまた、ソーシャルメディアを通した社会貢献の貴重な一例となるかもしれない。

1 2