1. まとめトップ
  2. カラダ

かなり怖い…働きすぎと「心筋梗塞」との関連性が証明される

働きすぎと心筋梗塞との関連性が証明されました。ちょっと怖い結果ですね…。

更新日: 2019年03月16日

39 お気に入り 36178 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国立がん研究センターや大阪大のチームが発表しました。

■働きすぎが問題になっている

「最近働きすぎている…」そう感じている人はいませんか?日本人は働きすぎ、真面目だと言われる

働き方改革が進む日本。しかし、その生真面目な国民性ゆえに、上司に忖度したり、まわりの目を気にして、つい働きすぎてしまうビジネスマンはまだまだ多い

労働環境の国際化や働き方の多様化の時代を迎えた今、「働きすぎ」といわれる日本人は海外とはいささか「仕事に対する価値観」が違っている

■その働きすぎと「心筋梗塞」との関連性が明らかになった

一日十一時間以上働く中年男性は、七~九時間の標準的な勤務時間の人に比べて急性心筋梗塞を発症するリスクが一・六倍になる

20年間追跡調査した結果、1日の労働時間が7~9時間の人に比べて、11時間以上の人は急性心筋梗塞の発症リスクが1.63倍高かった

冠動脈疾患の発症のリスクが、週55時間以上働く人々では、週35~40時間の通常の勤務時間の人々に比べて、13%高い

■先に進む前に「急性心筋梗塞」とは?

冠動脈が主に血栓によって急に閉塞し心筋に血液が届かなくなった結果、心筋が壊死に陥る状態で、生命の危険があります。

急性心筋梗塞では、約30%の人が死亡しており、その多くは発症後短時間の死亡で、命にかかわる病気の1つといえます

およそ3人に1人では、全く前兆(狭心症)なしに発症します。突然死の原因にもなりますので、その症状を知り、初期の対応を誤らないことが大切

■胸の激痛が症状としてある

発症すると、胸部の激痛や締めつけられるような感覚、圧迫感などの症状が現れます。胸痛は30分以上続き、多くの場合冷や汗を伴います。

発作後、数時間経つと痛みが引いていきます。これは発作が治まったのではなく、壊死が始まり痛みの感覚がなくなったためです

一刻も早く治療を受ける必要があります。

心機能低下などの重大な後遺症を残すことになり、慢性心不全や重篤な不整脈の原因になります。

■このデータはかなり怖い…

1日11時間以上の長時間労働をしている人は、急性心筋梗塞の発症リスクがおよそ1.6倍に高まることが、国立がん研究センター… www3.nhk.or.jp/news/html/2019… やばいやん

毎日11時間とは……労働時間が長すぎますね。心臓が止まっては元も子もない。自営業ならともかく、サラリーマンにそのような労働を強いる会社は厳しく取り締まった方がいいと思える。 / “11時間労働で心筋梗塞発生リスクが1.6倍!初の長時間労働と急性心筋梗塞の因果関係本…” htn.to/wDkez95Joh

長時間労働を規制してほしいが、現実は・・・。老けた僕には恐ろしい事実だ。 11時間超勤務で心筋梗塞増 会社員、50歳以上は注意(共同通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-… @YahooNewsTopics

長時間労働をしている人の心筋梗塞リスクが高いってニュースを見てると確かにって思うよね。ストレスと睡眠不足が原因ってあるけど、まさにそれで体調不良。頭ぼーっとするし、動悸はするし、頭痛はいつもで、夜寝れないし、耳鳴りするうえにめまいもひどい。認知機能も低下している気がする。

私の寿命が少しだけ見えた。。。早く切り上げよう 長時間労働は急性心筋梗塞の発症リスク約1.6倍に | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

■社会は長時間労働のリスクを真剣に考えるべき

国立がん研究センターは、長時間労働の結果、ストレスが増加する傾向などがみられるとしている。

1 2