1. まとめトップ

自己破産者をグーグルマップで可視化!『破産者マップ』が怖い

破産者の実名と住所がわかる破産者マップが公開されている。ブラック企業マップもある。

更新日: 2019年03月18日

3 お気に入り 104790 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

破産者マップ

『破産者マップ』は官報に掲載された自己破産者をGoogle Map上に可視化したサイトです。マップ上をクリックすると、債務者の名前と住所、官報公示日や事件番号がひと目で分かる仕組みです。

自己破産の情報はインターネット官報で誰でも情報を得ることができる。しかし官報はPDFデータで提供されており、個々の情報を検索するのは簡単ではない。また、無料で閲覧できるのは自己破産してから30日間のみだ。

破産者マップは真っ赤

知り合いが見つかったという声

何気なく破産者マップで地元を見たら知ってる名前があった・・・。

小学校の時の知り合いの母親が破産者マップに載ってました

破産者マップ興味深い ご近所さん家を売ったのは破産したからだったのか

破産者マップって凄いな 近所の人の名前まで見れる 怖い世の中だ

破産者マップ見てると、会社経営とか自営の人がめちゃ多そうな感じやね…

マップからの削除は有料

破産者マップから情報消すのに必要な物 この後に金取るのか(⌒▽⌒) pic.twitter.com/1GdKmCV0NW

破産者マップマジやばすぎるな… 削除申請の受付が「本人からの申請しか受け付けない」「免許証のコピーを両面送れ」「破産した経緯を話せ」「審査の結果削除しないこともある」スタンスだから、そりゃあ弁護士もたくさん動くよね。インターネット上に官報載せないみたいにならなければいいんだけど…

すでに破産者マップを問題視する声も

破産者マップかー 凄いアイデアだと思うけど 賛否両論すごそう

破産者マップ、感情的にはめっちゃヤバいなって感じだけどどうやって法的に対応するんだろう

「破産者マップ」なるものが公開されていると知り見て来たけど載っていなかった。アレは官報の転載としても違法性があるんじゃないか。Google大丈夫か。

ブラック企業マップも存在する

1 2