1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

harunikuさん

皆さんは求人応募する際の判断基準は何ですか?

お金欲しい...給料高いところで働きたい。 結局自分が何したいのか分からなくなってきたわ笑

@a__priori__ 福利厚生もしっかりしてるし、中小だと退職金が出ないところも多いし、その辺りはさすが大企業だと思う

@504tak_bz お給料も休みも大事だけど 自分がやりたい仕事というか職種かどうか。。 その企業で自分が楽しく仕事できるか?を優先した方がいいかな。よい企業に決まりますように❣️

会社残業多いから、転職したい。いつも残業用のパン置いてあるし、どんだけ働かせるき

企業に応募する時は求人詳細を必ず確認しますよね

企業選びの軸とは、就職活動で企業を選ぶ際に、自分が何に重きを置いているかという判断基準です。

もし、応募する求人の中にこんなワードが書かれてたら要注意です

ブラック企業に騙されないように、ありがちな求人キャッチコピー、キャッチフレーズ、危険なワードについて覚えておきましょう。

ブラック企業が利用する企業のスローガーンや経営理念などは、何が言いたいかあいまいであったり抽象的なものが非常に多い傾向にあります。

少数精鋭

「人が少なすぎて現社員がヒーヒー言っている。そこで仕方なく人材を募集する」といったパターンが非常に多いんです。

このワードは広告制作会社などの下請け企業の求人に多く、ようは「社畜」です。尋常じゃない仕事量、長時間勤務、クライアントからの我が儘、理不尽に耐え抜く「精鋭」を欲しています。

未経験者歓迎

実は、未経験者を採用する意思はほとんどなく、「とにかく応募数を増やしたい!」と考えている場合があります。それは、不人気な職種や業界における求人です。

このタイプの求人を見分けるためには、業界全体の「ノリ」をつかむことが重要です。業界について必要資格やスキルについて調べ、明らかに専門知識やスキルが必要であるのに「未経験者歓迎」と掲げている場合は、このタイプに当てはまる可能性が高くなります。

アットホームな職場

世間的にはこの単語が既にマイナスワード。他にも「家族のような雰囲気の会社です」など会社組織を“家族”にたとえる言葉は要注意。

仕事との切り分けが不明瞭なおそれもあるということだ。長時間労働で「会社が家になるんだろ?」と揶揄する人もいる。

幹部候補

優秀でやる気のある人材をこき使いたいために「幹部候補」を募集しているブラック企業には、くれぐれもご注意下さいませ。

これも未経験歓迎のケースで言ったように、意識の高い若者を巧妙に取り込むメッセージの可能性が極めて濃厚です。

1 2