1. まとめトップ

ダイヤモンドプロポーズのブランドやいろいろなお店の展開

婚約指輪よりも先に準備するものそれがダイヤモンドです。ダイヤモンドを決めてから婚約指輪を作ることで様々な悩みも解消されます。ダイヤモンドでのプロポーズをすることで、男性が今まで抱えていたプロポーズの悩みが解決します!

更新日: 2019年03月18日

1 お気に入り 299 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近、ダイヤモンドだけでプロポーズして後から、そのダイヤモンドを使った婚約指輪を一緒に選んでプレゼントする流れが増えてきているようでした。いろいろなブライダルショップでも、そのような提案があり、婚約指輪を作る前にまずはダイヤモンドを購入する男性も増えたようです。

MZVAJYさん

しかし、婚約指輪をプロポーズ前に買う時の悩み

婚約指輪の主役と言えば「ダイヤモンド」

ダイヤモンドも品質で価値はまったく変わります。4Cというダイヤモンドの評価をしっかり理解して決めるか、お店の人にちゃんと説明をしてもらってから納得できたら購入しましょう

という結果となり、プロポーズに指輪を必須と考えるカップルが現代においても多数派であることがわかります。

また、

・購入した婚約指輪の価格帯は「20万-40万円未満」が約4割

・購入 平均金額は36.4万円

ということがわかりました。

・女性はプロポーズに指輪のサプライズが必須と考えている割合は3割。
さらに指輪にこだわらず、何かサプライズされたい、したいと考える女性が5割にのぼる

ことがわかったのです。

プロポーズされることを期待している女性が大多数であるはずなのに、婚約指輪を必須と考えてない割合が高いのは、どうしてなのでしょうか。

それは、どうやら、「指輪でサプライズされなくてもいい」というよりも、むしろ、「せっかくサプライズされるならば、満足のいく指輪でないとうれしくない」という女性の本音があるようなのです。

つまり、

・好みと違うデザインの婚約指輪はうれしくない

・サイズがあわない婚約指輪ならばつけたくない

というシビアな意見に代表されるように、現代の女性にとって、指輪とは「あればいい」ものではなく、「素敵にぴったり似合う」ものでなければなりません。

男性側が清水の舞台から飛び降りる思いで購入した高額な婚約指輪であっても、女性側は心の中で冷静にジャッジを下してしまう、という現実があるようです。

せっかくのプロポーズに水を差すことにならないためにも、婚約指輪の準備は念入りに行なう必要がありそうです。

性側が清水の舞台から飛び降りる思いで購入した高額な婚約指輪であっても、女性側は心の中で冷静にジャッジを下してしまう、という現実があるようです。

せっかくのプロポーズに水を差すことにならないためにも、婚約指輪の準備は念入りに行なう必要がありそうです。

じゃあ、どうやって婚約指輪を決めれば良いのか?

彼女の好みはファッションなどで判断
ファッション、アクセサリー、好みのブランドから彼女の好みのデザインを知ることが可能 。色味は白やピンクのファッションなら可愛いらしいデザインの婚約指輪、シンプルなジャケットやトレンチコートが好みの彼女にはクールでシンプルなデザインが好みの婚約指輪など。

共通の友人に聞いてもらう方法も
共通の友人がいる場合は、理想の婚約指輪の話を振って確認してもらうのも1つの手 。ファッションから似合うものが判断できても、欲しいものとギャップがある場合も。サプライズの場合は、友人にプロポーズする予定であるということの口止めを忘れずに。

悩み解消、ダイヤモンドプロポーズ

ダイヤモンドプロポーズを利用することで、今まで彼女の好みのデザインが分からなかったり、指輪サイズが分からなくて購入できなかったりと悩んでいた問題が解決!

1度目のプロポーズで婚約指輪の主役となるダイヤモンドをプレゼントして、次に婚約指輪は二人でじっくり彼女のお気に入りのデザインを決めてもらって2度彼女には幸せを感じてもらえます。

ダイヤモンドプロポーズを提供しているお店いろいろ

1