1. まとめトップ

【自然素材だけで健康ですか?】ここまで出来る!健康住宅

健康住宅といってもどんなもの?自然素材であれば健康住宅なの?素朴な疑問から始まり、健康住宅の意味合いと、健康住宅を謳う会社を調査しました。数ある住宅メーカーから特に気になる特徴の会社をピックアップしましたので紹介します。

更新日: 2019年05月07日

1 お気に入り 722 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kenkoudaiitiさん

マイホームはおしゃれで手ごろなお値段でさえあれば満足ですか…?

今の時代、長く居るマイホームも健康な住環境であることに注目が集まっています。

住宅メーカーは差別化が難しいから「健康になる」で尖らせた、ってことか 体験してみたいなー! twitter.com/3216/status/11…

◇足元が寒い家で不健康◇室温が安定すると血圧の季節差が小さくなる」「部屋間の温度差や足元付近(床近傍)の室温が血圧に影響を与える」「断熱改修をして室温が上がると、住宅内での活動量が増える」──。住宅の室温と健康との間にど… tinyurl.com/y377pryb

最近の家は床下に空気清浄機能つけれるらしく、床に落ちた花粉吸うんだってね。花粉症で肺にきて健康診断毎年ひっかかってる友達はこの機能つけた家にしてからひっかからなくなったらしい。効果的。その家でからちゃん住んだら楽になるかな(笑)二軒隣だし毎日あえる(笑)

そもそも「健康住宅」ってどんな家?

健康住宅とは、有害とされる化学物質や薬剤の使用を極力避けるなど、シックハウス症候群対策が取られ、健康に住めるようにさまざまな工夫が施されている住宅のことです。

具体的には、シックハウス症候群の原因物質とされるホルムアルデヒド、トルエンやキシレンなどのVOC(揮発性有機化合物)、有機リン系やハロゲン系の化学物質を含まない、または少ない建材を使っていること、さらにダニの発生を抑制するようなハウスダスト対策が取られていることなどです。

ただ、健康の意味は広いため、シックハウス症候群対策を取った上で、住む人の心の健康、住宅を含めた環境の健康(エコロジー)、住む人の社会的健康(社会的活動の充実)や経済的健康(建設費や維持費の適切さ)など、建てる側がどこに焦点を当てるかで健康住宅という言葉の意味合いも変わってきています。

健康住宅といっても色々…でも、数が多すぎてどこにしたらいいか分からない!

そこで健康マニアである私が、「健康住宅」を謳う全国の数多のハウスメーカー、工務店から特に気になった3つの住宅会社を紹介します。

抗酸化リバース工法は、屋内に充満している建物の建材や家具に塗られた空気中の有害物質を分解する。
そのため屋外よりも清浄な空気を保つことが出来、アトピーやシックハウス等のアレルギーの軽減で喜ばれている。
その他、強力な消臭効果、調湿効果、埃が付きにくいなどのメリットが多くある。

抗酸化リバース工法は建材から揮発される有害化学物質を分解、軽減させます。
シックハウスの主な原因とされるのは、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、VOC(揮発性有機化合物)です。

生活臭(生ゴミ・ペット・たばこ・加齢臭の臭いなど)を軽減し、
クリーンな空気で暮らせます。また、脱臭効果は強力な一方で、素材の香り(木や花など自然のもの)は残します。

抗酸化リバース溶液の還元力は静電気を抑制し、壁面やテレビ画面など垂直面が汚れにくくなります。

室内の温度や湿度環境を整え、「夏は涼しく、冬は暖かい」快適に保つ遮熱工法も標準設備としています。

太陽熱を遮断する遮熱材の利用により熱エネルギーが逃げにくくなることで、「夏は涼しく、冬は暖かい」という快適な室内環境を実現します。

抗酸化リバース工法と組み合わせることで、さらなる健康性能とより快適な生活環境を実現します。

レモンホームの口コミをピックアップ

レモンホームの皆さんはとても親身に相談にのってくださいます。
家作りのことだけでなく、なんでも相談できる存在になりました。
そしてなにより私達の健康を1番に考えてくださっています。
こんな住宅会社さん初めてでした。

レモンホームさんは構造材も健康面でも、かなり質の良い住宅だと知り合いの職人さんから紹介されました。見学会に行きましたが、自然素材の家より良い感じはしました。
ただ紹介されるまで聞いたことがない会社で、正直不安でしたが丁寧な営業の方の説明で納得しました。常設展示場もなく、コマーシャルもしない理由にも納得しました。

低コストで天然無垢の木をふんだんに使ったエイ・ワンの家。
内装はログハウスのように無垢材で、外観は現代的なスタイル。
まるで森のコテージのようにナチュラルな雰囲気に包まれた住まい。室内は全面的に無垢材が使われ、心地よい木の香りに包まれた快適な空間が広がっている。

内装は天然無垢の木を贅沢に使用。夏はさらっと。冬は暖かく。本物の木を使用することで、毎日心地よいぬくもりと手触りを感じられます。

天然無垢材を天井・床・壁に使用することで、近年話題になっているシックハウス症候群の原因とされているホルムアルデヒドの放出を大幅軽減。木のぬくもりを毎日感じられます。

まるで森の中にいるような清々しい香りで気持ちのよい目覚めを。毎日が癒やしと安らぎの空間から始まります。

断熱材は『ノン・ホルムアルデヒド』のグラスウール断熱材ACLEAR(アクリア)を使用。
ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群との関連だけでなけでなく、発がん性も指摘されている有害物質です。
このホルムアルデヒドを一切含まない原材料を使用して製造している健康に配慮したグラスウール断熱材です。

一般的な住宅(断熱等性能等級3)の家と、高性能断熱材「アクリア」を使用して断熱性を高めた家(断熱等性能等級4)とを比べると、年間の冷暖房費は約3割も節約できます。

エイ・ワン株式会社の口コミをピックアップ

「総無垢材が魅力的。どこにいても木のぬくもりを感じることができ、シックハウスの心配もないので安心できる」

「予算との兼ね合いもありコンパクトな家になったが、その分エアコンの効きもいいので省エネになる」

「他社では無垢材はオプション仕様だった。全面貼りが標準仕様なのはエイ・ワンだけ」

近代ホームは昭和57年の創業当時から、「人も建物も健康で100歳まで生きるための住まいづくり」を行ってきた。
それから30余年。安全性とコストダウンを両立できるオリジナル蓄熱床暖房などを取り入れ、現在は「温熱環境の優れた住まいも、医療に通じる重要な要素である。」という考えが商標登録として認められている。

壁の断熱はもちろん、真夏の太陽(輻射熱)が降り注ぐ屋根には「断熱+遮熱工法」を採用。真夏の熱帯夜でも2階、天井裏までも快適を実現しました。

「室内温度差・急激な冷え」が少ない安全・健康な環境をつくるために、電磁波などの心配が無い、温水床暖房「癒しほっとパネル」を採用。足湯効果のある家として商標登録も取得しました。

熱を伝えにくい木と断熱性の高い硬質ウレタン、遮熱性の高い遮断ルーフからなる「FPパネル」を採用。

®「百年健康住宅」の特徴
①粘り強い屈強な基礎…径13㎜の鉄筋を使用。細かいところは7.5ピッチ
②震災にも耐えられる耐震性…FP工法は地震や台風などの天災に負けない家づくり
③湿気に強く腐らない断熱材…水に強い硬質ウレタンパネルを採用
④徹底した品質管理…全棟で個別気密測定やサーモカメラ断熱測定など厳しい品質チェック
⑤業界最長!無結露50年保証…ウレタン断熱素材パネルの内部について、50年の無結露を保証
⑥ゲンバ男子による直営工事…人づくりから始まる物づくりを行う

1 2