1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

花粉症手当てだと!?企業の斬新すぎる福利厚生がウケまくってた

花粉症の方は本当に辛い季節となっていますが、そんな中、「花粉症手当て」という斬新な福利厚生を導入した企業が話題になっています。

更新日: 2019年03月16日

17 お気に入り 23266 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■スギ花粉が猛威を振るっている

花粉症に悩まされている方には、つらいシーズンの到来。鼻水、涙目、かゆみ……不愉快でつらい気分ですね。あ、それに、もしかするとのども痛い?

「目を取り出して洗いたい」とはよく聞くし、「のどに手を入れて奥までかきむしりたい」と言う人もいた。そう、花粉症。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ…削がれる集中力。花粉の辛い季節になりました。いや~、ツラい。日本列島をおそう花粉の猛威

■今年は例年よりもひどい模様

東京都内の今年のスギ花粉は去年に比べて早いペースで多く飛び始めています。この先、天気は短い周期で変わりますが、気温は高温傾向で、晴れた日には特にスギ花粉が大量に飛ぶ可能性

残念ながら,今年の(今年も?)花粉症は重症のようです。原因はPM2.5や黄砂と花粉症の複合要因にある

今年は、6年ぶりの大飛散で花粉症デビューする人も多いと言われている。ウェザーニュースによると東京では昨年の4.26倍の飛散量になる

■そんな花粉症だが、ある企業では「花粉症手当て」なる福利厚生が!

国民病ともいわれる花粉症に、独自の取り組みで社員を支援する企業がある。マスク姿の女性社員が手渡されたのは、マスクや高保湿ティッシュなどの製品

企業のメンタルヘルス関連事業を展開するスタートアップ企業「ラフール」では、2年ほど前から会社の福利厚生として、「花粉症手当」を導入

申請すると、花粉症用のスプレーや専用マスク、目薬といった花粉症対策グッズが支給される。

■福利厚生の一環として実施されているという

花粉症手当 薬代支給、目薬・マスク・高級ティッシュ支給

ラフールネスという企業の福利厚生内容です。

バンク・オブ・イノベーションでは、「花粉症手当て」として、従業員に上質なティッシュやマスク、目薬などを支給。通院費用も、年に一回まで会社側が負担

利用した社員は、「(仕事上で)常に目がかゆいと、それだけで画面が見られなくなったりして、つらいところは多い」、「うっかり鼻水がつるーっとなってしまう。普通ではちょっと買えない高いいいやつ(マスク)を使っている」などと話した

■仕事の効率アップを目的にしているという企業も

早い段階で会社が全部負担してあげるからということで、病院に行くことで、より適切な薬を処方してもらうことで、症状が改善すれば、仕事の効率も上がる

こちらの会社では、アレルギー性鼻炎が原因で、仕事の生産性が5.4%下がるとの試算を出した

ラフールという企業の意見です。

判断力や仕事の能率低下にまで影響を及ぼす花粉症。「健康経営」の一環として花粉症対策を取り入れる企業は増えていきそうだ。

■これは素晴らしい取り組み!ネットからめっちゃウケてる

#花粉症 手当」で生産性アップ 新たな #福利厚生 headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?… @YahooNewsTopics これね、企業の福利厚生じゃなくて政府が国民みんなに対してやって欲しいよねってうちの夫婦では前から言ってる。

「花粉症手当」で生産性アップ 新たな福利厚生(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?… @YahooNewsTopics 社長エライ! 花粉症でない人は他人事だけどこれマジつらいよ。40年選手のオイラは花粉症が起因して花粉アレルギー喘息にまでなったらね。あなどるなかれ!

1 2