1. まとめトップ

臆病で人のせいにしがち…頼りない男の特徴

助けてほしい場面やピンチの時などに頼れない男というのは情けないもの。頼りないということは頼れない雰囲気を持っているわけで、逃げ出しそうとか言い訳しがちで避けそうと思わせているわけです。それは弱虫、怖がりで臆病、無責任、すぐ人のせいなどの特徴があるからのようです。

更新日: 2019年03月17日

4 お気に入り 1320 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・場所や雰囲気を問わず細かいことにこだわる

細かいことにも常にこだわり、せっかくのデートや、雰囲気などを台無しにしがちなのがこのタイプ。

結婚しても女性が働き続けることが珍しくなくなった昨今、デートでは女性が男性におごられるのが当たり前とまではいかなくなっています。

ですが、食事をした後の支払いで1円単位まで割り勘されるとちょっと泣けてきちゃいますよね。

デート中に「あ、クーポン使うの忘れた」とか言い出しその後ずっと「損したなぁ」と言い続けるなど堅実なのはもちろん良いことですが、時と場合によっては口に出すのは勘弁して欲しいし、こんな男性にはいざという時にも頼って良いのか躊躇ってしまいますよね。

・自分のやりたくないことを押しつけてくる

「別にできないわけじゃないんだけどさ」などと言いながら自分のやりたくないことや面倒なことをとにかく押しつけてくるのがこのタイプ。

お店でのメニューの注文から、銀行口座の開設、プロバイダーの契約まで付き合っているときは自分を頼ってくれているのが嬉しくて女性はついつい男性の身の回りのこともやってあげてしまいがち。

ですが、このタイプは結婚後も何かと理由をつけて面倒ごとを回避しようとしてきますから、要注意。

本当にできないわけではなく、やる気がない、自分のやる仕事じゃないと思っているから余計に性質が悪いのです。

いざあなた自身が困ったとき、助けてほしいとき、全く頼りにならないなんて情けないですよね。

自分の身の回りのことは自分でやる、というのは生きていく上で基本です。

こんな頼りない彼との将来を考えるなら今から猛特訓が必要かも?。

・虫やお化け屋敷が怖い

本当に苦手な男性にとっては大変酷な話ですが、一番女性に「頼りない」と思われてしまうのがこのタイプなのではないでしょうか。

特に虫については女性からすると「そこだけは助けて。

とにかくお願いだから」と期待してしまう方も多いのでは。

しかし、虫については恋人同士どちらも駄目となると、待ち受けるのは双方が虫を中心に部屋を逃げ回る地獄絵図。

こんな頼りない男性の場合は、この人は私が守るのよ。

くらいに割り切って、もう自分が強くなるしかないかも?

・よく考えもせず謝る、自分を主張しない

とりあえず謝っておけばいいや、ことが収まるんならそれで良いやというのがこのタイプ。

デートの内容もあなたに全部お任せで、自己主張をしません。

このタイプは「優しい人」とも言えますが、恋人同士にケンカはつきもの。

些細なことから大きなことまでケンカをして相手を知り、絆を深め合っていくものです。

話し合いをしたいのに「もう俺が謝ったからいいじゃん」とすべてを終わらせてしまうような男性に、あなたもいつか爆発してしまうかも。

それに何かトラブルに巻き込まれた場合、時にはビシッと自分の意見を主張しなければなりません。

そんなとき、こんな彼では頼りないですよね。

・物事を一人で決められない

頼りない男性には、ものごとを一人で決めることができないという特徴があります。優柔不断で決断力がなく、責任感も希薄な人は、頼るわけにもいきません。

食事にいったときでもなにも決めることができずに、すべてお任せといった感じでは、恋愛はもちろん、結婚しても生活はうまくいかないでしょう。これでは恋愛関係も結婚生活も、失敗することが目に見えています。すべて自分で決めなければ気が済まない人なら問題はありませんが、ほとんどの場合には不幸な結果が待っています。

・なんでも人や環境のせいにする

責任を取らず、何でも人のせいにする人は、自分で行動することができず、頼りない男性と言えます。環境のせいにしたりもしますが、結局自分で変えることもできずに責任を転嫁しているにすぎません。頼りない男性の典型ともいえますが、自分で能力を磨いたりすることもないでしょう。

頼りたいと思っても、自分で決定することも行動することもできないため、頼ることはできません。何か起きても文句を言うだけで終わってしまいます。建設的なこともできないのですから、結婚もうまくいかなくなるでしょう。

無責任

自分で決めたことも、何かと理由をつけて自分が悪くないという考えを持っています。
彼女が被害者になった場面に直面しても、彼女を守ることはせず「自分は関係ないので」と逃げます。

・怖がり・臆病

頼りない男性は、極端に怖がりで臆病なこともあります。最近多くなったのは、ムシが出てきたぐらいで騒ぎ出す男性でしょう。

怖がりで臆病なことは理解できても、虫が嫌いで見ただけで騒ぐような男性は、何かあっても頼れません。気持ち悪いとすら思う女性もいるレベルです。いざというときに頼れるかどうかといえば、絶対に頼りにならないでしょう。

頼りない男は、虫が出てきただけで大騒ぎすることがあります。
こういう人は優しい心の持ち主が多いですが、大騒ぎするので周りの人からしたら「そこまで騒がなくても…」と呆れてしまうことがあります。

また、女性が苦手な台所にカサカサと動き回る黒い虫が出てきたときも、退治するのは女性の役目となりかねません。
虫が苦手な女性には、このような男性とお付き合いするのは避けたほうがいいかと思います。

1 2