1. まとめトップ
1 お気に入り 2530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

フランスの天才に悲劇

パリサンジェルマン所属
フランス代表

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペは、数分間の遅刻により2000万円以上という多額の罰金をクラブから科されたようだ。仏紙『レキップ』が15日付で伝えた。

PSGは昨年10月28日に行われたリーグアン第11節の試合でマルセイユと対戦。だが、不動のレギュラーであるムバッペの名前は先発メンバーになく、後半途中から交代で投入された。MFアドリアン・ラビオも同様に先発を外れ、交代出場していた。

 トーマス・トゥヘル監督は試合後に、両者を先発から外したのは「試合前のホテルでの規律の問題」だと説明していた。ムバッペとラビオは試合当日の出発前のミーティングに遅刻したようだ。

 だが、わずか数分だったとみられる遅刻の代償は先発落ちだけではなかった。仏紙によれば、この一件でムバッペはクラブから18万ユーロ(約2280万円)近くの罰金を徴収されたという。

·本人も納得

ムバッペは、10月28日に行われたリーグ・アン第11節マルセイユ戦前のミーティングにMFアドリアン・ラビオと共に遅刻。パリSGは規律違反により、2選手に対して罰金処分を科すことを決めた。ムバッペも自身の過失について十分に認識しており、事実確認の書類にサイン。その際、支払われた罰金はパリSG財団に直接送金されたという。

ムバッペの年収からしたら痛くないが凄い値段!!!

交代拒否をした代償

チェルシーは26日、スペイン代表GKケパ・アリサバラガに対して週給分の罰金処分を科すと発表した。罰金はチェルシー財団に寄付される。

ケパは24日に行われたカラバオ・カップ決勝で先発出場したものの、延長後半に負傷。マウリツィオ・サッリ監督は元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロを投入しようとしたが、ケパは交代を頑なに拒否。治療を受けてプレーを続行した。チェルシーは結果的に、PK戦の末にタイトルを逃すこととなった。

 サッリ監督が激怒したこともあり、話題を呼んでしまった“交代拒否”騒動。クラブはケパへ罰金処分を科すと発表したが、両者はすでに和解しているようだ。

·映像

スポンサーを替え1億円

アジアカップ、イエローカードの代償

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、UAEで開催されているAFCアジアカップ2019グループステージで警告や退場を受けた各選手の処分を発表した。

日本代表FW南野拓実は13日に行われたグループF第2節のオマーン代表戦(1-0で日本代表が勝利)で警告を受けた。これにより、AFCから5000USドル(約55万円)の罰金処分が下っている。

本人が払うの、サッカー協会が払うの!?

ファン

サッカー選手ってミーティング遅刻しただけで2300万も罰金払わさせるんやな… うーやだやだ。てかムバッペなにしてん pic.twitter.com/DTBZCju6SL

サッカーのビッグクラブの移籍金見てると金銭感覚本当に狂うからヤダ

ムバッペが練習に遅刻で2280万円の罰金てPSGはすげぇ

遅刻で罰金2300万円は鬼、、、 と思うけど、ムバッペの収入ならきっと2万円くらいの気持ちなんだろうな、、、一般人でよかった

1