1. まとめトップ

都市化と海―人口密度の変化と海洋への影響

時代が進むに連れて人類の住む主要な地域が都市部へと集中しています。そうした変化が海に大きな影響を及ぼしているようです。

更新日: 2019年03月18日

1 お気に入り 43 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いろんな国の人口が都市部に集まることで、どのような変化が生じているのでしょうか。今回はそうした疑問からまとめを作りました。

「都市化の傾向とその影響」「サハラ以南のアフリカ地域の事例」の内容で今回はまとめました。

「都市化の傾向とその影響」

1800年には、世界の人口のわずか2%だけが都市に住んでいたが、2008年にその数値は50%へと増加した。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

都市人口増加の要因として2つのことが挙げられる。1つは、貧しい人々の農村地域からの流入であり、もう1つは都市のスラム街と不法占拠者のコミュニティ内での高い出生率だ。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

都市部の人口爆発については前述のように推定されているが、その急速さ無計画さは人口統計学者と都市設計家の悩みの種となっている。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

世界的に見て、都市部から流出する下水の3分の2が、未処理のまま湖や河川、海に流され、人間の健康と環境に有害な結果をもたらしている。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

都市部のエネルギー消費によって生じるヒートアイランド現象は、各地の気象傾向を変化させ、雨量の増加を招いている。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

トリニダード島の西海岸における都市化の進展は、高レベルの海洋汚染と沿岸流の変化を招き、土壌堆積と海岸の浸食と両方の増大を引き起こしてきた。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

「サハラ以南のアフリカ地域の事例」

サハラ以南のアフリカは世界の他の地区と比べて急ピッチで人口が増加している。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

ダルエスサラームでは年間4.3%の割合で拡大している。それは330万人の人口が1代で2倍になる計算だ。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

マダガスカルでは調理用の燃料の90%は薪であり、マングローブの森は、材木を販売したり、木炭にする業者によって破壊されている。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

森林が伐採された土地を雨が洗い流し、河川で海岸へ運ばれた何十万トンの土壌によって、藻類やサンゴ礁が窒息している。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

乱獲と沿岸地域の環境の変化によって水産資源が減少し、漁業従事者たちはいっそう遠い漁場への移動を余儀なくされている。

出典こどもくらぶ訳(2018)『海の世界地図』丸善出版

おすすめまとめ

1