1. まとめトップ

GW目前!長時間の飛行機移動中の暇つぶし方法

もうすぐゴールデンウィーク。長時間の飛行機移動は、案外辛いものです。そんな時の暇つぶし方法を、定番の方法から、旅慣れた人ならではの方法まで、いくつかピックアップしてまとめてみました。あたなに合った方法でお楽しみください〜。

更新日: 2019年03月17日

1 お気に入り 1991 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

echigo1978さん

定番の方法1:機内モニターで映画を観る

メリット1:案外、集中して観れる

飛行機に乗ってるときにみた日本の映画が真面目に感動するやつだったのか、自分が涙もろくなってるのか、すっごい泣きそうになったけど流石に飛行機の中で泣くのはヤバい奴と思われるから必死で我慢した

メリット2:新しい映画を無料で観れる

デメリット1:国内線だと機内モニター付いてない場合が多い

国内線に乗りなれると、映画とかないので寝るのがほとんど。 最近は着席した瞬間に寝て、着陸した瞬間に目を覚ますという超絶効率がいい移動方法を身に付けた とりあえず今回の一時帰国で国内線4区間乗りました

デメリット2:航空会社によってラインナップの差が激しい

機内でホラー映画みよー!と思ったのに一つもなかった 結局ハンソロみた

「久々に日本語の映画見られる!」 と思って ウキウキしてたのに JALなのに、ラインナップぽんこつすぎた。 でも機内食に味噌汁ついてたから 許してあげる。 pic.twitter.com/St7PWBuwg0

定番の方法2:本を読む

メリット1:案外、集中して読める。

地元に到着! 機内モードにして本読んでて気づかなかったけど、東京で出発時刻から40分ほど待たされてたっぽい 着いたら2時間以上経ってて驚いた

デメリット1:重い本を持ち歩く必要がある

旅行に本を持って出ても、重いだけでどうせ殆ど読まれることは無いということを過去の経験から学んでいるので、今回は2冊に留めることが出来た

定番の方法3:機内食を楽しむ

メリット1:航空会社による違いが楽しい

いざ上海へ。今日の吉祥航空の機内食はどんなんだろうかなあ。 pic.twitter.com/ypx9SkWmer

デメリット1:不味いと残念

ユナイテッド航空、機内食はまあ不味いけどこんなもんかなと思ってたら、 軽食でニンジン(生)が出てきてお馬さん気分を味わえた pic.twitter.com/zQa0iJCx1t

デメリット2:すぐ終わる

定番の方法4:景色を楽しむ

メリット1:普段見られない景色を楽しめる

飛行機に乗らないと見ることが出来ない富士山。 上空から見る富士山はいつ見ても素晴らしいです。 #富士山 #上空からの富士山は綺麗 pic.twitter.com/4ZjdnP9UDB

デメリット1:窓側の座席じゃないと楽しめない

飛行機のったよ〜って外の写真撮ってあげたいけど通路側の席で窓のほうみてもおじさんしか視界に入らないから諦めた

1 2 3