1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ディズニー映画でも大人気!!ピーターパンとはどんな物語なの?

どこからともなくやってきたのがピーターパンと妖精のティンカーベル。
ピーターは前に忘れてしまった自分の影を取り戻しにやってきたのでした。

3人の子どもたちはピーターパンと一緒に、ネバーランドへ冒険に旅立ちます。

妖精の粉を振りかけ、楽しいことを考えると空が飛べるようになった子どもたちは、ネバーランドに到着します。

海賊船にはピーターパンを憎む海賊のフック船長がいました。

フック船長に勝利したピーターは船長となり、妖精の粉によって金色に輝いた船は空へ浮かび、ウエンディたちをロンドンへ送り届けるため出発します。

両親が帰宅するとウエンディは窓辺で眠っていました。
目覚めたウエンディは「大人になることにしたわ」と両親に告げます。

ウェンディ達が訪れたネバーランドとは?

ネバーランドは英語で書くと、NEVER LAND
直訳すると、 決して存在しない島 と読みます。

それは子供達の心の中にある島のことなのです。
夜な夜な眠る子供達は夢の中でネバーランドで何度も
遊んでいました。

主な登場人物の紹介

ネバーランドに住む、男の子です。

両親がいなくて、母親の愛情を知りません。
だから、ウェンディをネバーランドから帰したくなくなってしまいます。
愛嬌たっぷりでモテモテで勇敢な主人公です。

ピーターパンの事をずっと考えていて、
初めて会った時からピーターパンに恋をしてしまう
可愛い女の子。
面倒見がよく、ネバーランドではみんなのお母さんの役割でみんなのお世話をしていました。

ピーターパンが大好きで、
ウェンディに優しくするピーターパンに
激怒し、ウェンディに嫌がらせばかりするのですが、
本当は可愛らしい妖精。

ウェンディと同じく
よくネバーランドの夢を見ていたのですが、
ウェンディと共にネバーランドへ旅に出ます。

ネバーランドに住む
迷子の男の子たちです。

ピーターパンをリーダーとし、
海賊やインディアンと戦っています。

ピーターパンに片腕を切られ、しかもその片腕を
チクタクワニに上げてからいつも追いかけられている
フック船長。その事から、ピーターパンへの恨みを持っていていつもやっつけようとしています。

フック船長の手下で、船長の身の回りの事から全て
お世話をしている スミー。
海賊なのに愛らしい顔が特徴です。

フック船長の片腕を食べてから
その美味しさのあまり フック船長を食べようと
いつもフック船長の周りをうろついています。

一度飲み込んでいる時計の音がお腹の中で
チクタクとなることから、チクタクワニとゆう名前のでしょうか?

フック船長にさらわれ、殺されそうになったところを
ピーターパンに助けられてピーターパンの事が
好きになってしまいます。

インディアンの娘で美女とゆうことから
周りからもモテモテです。

映画では描かれていないピーターパンの裏側とは?

ピーターパンは歳をとらない。

ピーターパンは永遠の男の子。
歳をとりません。それは、【大人になりたくない】からなのです。

「年を取りたくないという意思」が強いと成長が止まる

なんと『ピーターパンが仲間が成長したら殺している』からだったのです。

大人や、大人になりそうな子供達を殺していた

子供たちは大きくなると
それは規則違反なので
ピーターはできるだけ大急ぎで
執念深く子供たちを殺していきました

ピーターパンにとってウェンディとの関係は 恋人よりも ママだった!!

1 2