1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

随時更新中。

松本人志「作品に罪はある。」

松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)所属。

映画監督も務める松本は「僕は監督もするんで、主役級の人が薬物で公開前に捕まった…(となると)、
もしかしたら薬物を使ってあの素晴らしい演技をやっていたのかもしれない、それはある種ドーピング作品になってしまうので、監督としては公開してほしくないですね」とコメント。

音楽もしかりで、「レコーディングの時にそういうもの(薬物)を吸ってて、それですごくいいものができたと思うと、これは僕はドーピングだ、と思うので、ダメだなと思いますね」との考えを語った。

西川貴教「筋トレすれば薬物なんて必要ない」

西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。所属事務所はディーゼルコーポレーション。血液型はA型。身長161cm。

西川は、瀧容疑者の逮捕から1夜明けた13日に自身のツイッターを更新。

やっぱそうや!筋トレすればいいんですよ!筋トレすればドーパミンもエンドルフィンもノルアドレナリンも出ますし、「幸せホルモン」セロトニンと、テストステロンで精神的にも肉体的にも充実します!薬物なんて絶対に必要ありません!筋トレしましょう!

武井壮「絶対に許されないこと」

武井 壮(たけい そう、1973年5月6日 - )は、日本のタレント、元陸上競技選手。陸上競技・十種競技元日本チャンピオン。タレントとして活動し、「百獣の王」を目指している。

武井は芸能界を目指し始めた頃、西麻布のバーで「ミルクを飲みながら犬の骨をかじってアゴを鍛えている」と、それを見た瀧容疑者が
「君面白いね。テレビに出た方がいいよ」と声をかけてくれたという。すると「2日後くらいに電話がかかってきて、(瀧容疑者が出演している)
CSの番組にレギュラー出演することになった」といい、芸能界へ入るきっかけを与えてくれた恩人だったことを明かした。

薬物の使用については「薬物って自分からやるものじゃないですか。不慮のもので何か貰ってしまうものではなく、事故とかでもなく。自分から法を破りにいくっていうのは、やっぱり理解はできない。特に薬物を購入する資金を、僕らはそういう高い報酬を頂いた中から、信用とか多くの人が見てくださっている価値で頂いているのに、そのお金を違法のものに使うっていうのは、僕は絶対に理解できない」と声を震わせながら断罪した。

▼ ネット上の反応

坂上忍「ピエール瀧さんいい人だと思ってただけに、、、」 おぎやはぎ「いやいい人ですよ」 坂上忍「だからこそこういうことあると、、、」 おぎやはぎ「いやピエールさんいい人ですよ。コカインやっちゃっただけで」 このおぎやはぎの視点大事

ピエール瀧が逮捕で音楽もドラマも禁止なら、竹田会長が逮捕されたらもちろんオリンピックは自粛ってことですよね

160 風吹けば名無し[] 2019/03/13(水) 19:54:44.51 ID:K05m/M+TM レジェンドの語る薬物依存の恐ろしさ pic.twitter.com/4wLFCtTtIG

役者(ミュージシャン)が薬キメただけで 過去の出演作すら闇に葬り去られてしまうのに 飲酒運転からの自損事故 挙げ句の果てにはパトカーとカーチェイスまでやらかしたコイツがテレビでデカイ顔してるの何で??? pic.twitter.com/6lnS7KdU06

たけしさん、大河ドラマのロケ地で「どうも! ピエール瀧です!」と挨拶したら全員にドン引きされたらしい… #ピエール瀧 #ビートたけし #いだてん pic.twitter.com/l9nDAs7LbG

1