1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

好評だった2018-2019の『第69回紅白歌合戦』

昨年放送された『紅白歌合戦』は、豪華共演やサプライズ演出などが随所に登場し高視聴率を記録。日本中が注目した平成最後の『紅白』は大成功との呼び声が高かった。

大ヒットの『USA』で出場を果たしたDA PUMP

5年ぶりの紅白となる北島三郎が「まつり」を熱唱し、弟子の北島兄弟も出演。米津玄師の徳島中継や、サザンオールスターズの紅組白組を超えたスペシャルステージなども話題となった。

総合司会=内村光良、桑子真帆アナウンサー
紅組=広瀬すず
白組=櫻井翔

第70回の節目と同時に”新時代の紅白”へ

ほぼ100%確定!?『DREAM COME TRUE』

2019年はドリカムの30周年のアニバーサリーイヤー。
2018年にNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌を歌っている。

“新時代の紅白”ということで国民の期待も当然高いだろう。
あえて2018-2019紅白歌合戦にNHKがオファーしなかったのかも?

こちらも期待したい有力な大物『スピッツ』

「スピッツはライブやレコーディングを中心に活動しているため、テレビ出演は稀。草野さんも『テレビが苦手』と過去に発言しています。

2019年度前期の朝ドラ100作目が『なつぞら』の主題歌「優しいあの子」を担当することが決定した。スピッツが朝ドラの楽曲を提供するのは初となる

NHKも近年は特別枠を設けるなど、出演方法をいろいろ考えています。近年は朝ドラ関連の出場が定番化していますし、出場の可能性も十分にありそう。

朝ドラ・大河とボーカル峯田のNHK貢献度抜群『銀杏BOYS』

今年1月に日本武道館での2days公演『せかいがひとつになりませんように』を成功させた。

ボーカルの峯田和伸は現在放送中の大河ドラマ『いだてん』、話題作となったNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』など数々のドラマに出演している。NHKへの貢献度は抜群だ。

白組司会者は今年は『嵐』から大野智or松本潤、5人そろっても有力か

1 2