1. まとめトップ

【話題】神戸市の没落が止まらない件【オワコン】

神戸といえば、関西の大都市であり、少し前まで日本の「五大都市」だったが、そんな神戸の没落が止まらないようだ。神戸市の没落についてまとめました。

更新日: 2019年03月18日

1 お気に入り 1483 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

so_aoiさん

2015年、神戸市が日本五大都市から転落

福岡市は18日、2015年国勢調査(10月1日時点)の速報値で人口が153万8510人になった、と発表した。政令市で5番目に多かった神戸市の人口を650人上回り、福岡市が5位、神戸市が6位に順位が入れ替わった。

川崎市にも追い抜かれ、六大都市からも陥落か?

神戸市の人口(平成31年3月1日)
1,524,422人

川崎市の人口(平成31年3月1日現在)
1,517,556人

2019年3月1日時点で6866人差。2020年までに逆転か?

都市人口ランキング 2019

人口順
01 横浜市
02 大阪市
03 名古屋市
04 札幌市
05 福岡市
06 神戸市 ★
07 川崎市
08 京都市
09 さいたま市
10 広島市

東京都は市ではないため抜いていますが、当然ながら東京23区は日本最大の都市。

京都も人口減が続いており、将来的に京都市はさいたま市に抜かれる可能性が高いです。

そもそも神戸ってどんな街だっけ?

港町として栄えたため、港は整備されとても綺麗です。かつては東洋一の港でした。

平清盛が福原京を造営し、一時期は日本の都になるほどの勢いでした。1939年には、東京・大阪・名古屋に次いで人口が100万人を突破し、四大都市として君臨しました。

NHKのドラマがきっかけで「風見鶏の館」はブームが起きました。異人館が立ち並ぶエリアはとても異国情緒が漂い人気観光地になっております。

六甲山からは見事な夜景が楽しめます。

大阪から神戸まで見渡せる夜景は壮観です。

神戸はなぜ没落してるのか?

震災の影響は大きい、都市開発より復興優先にしてたからな~都市開発が震災で後回しになった結果、仕方ない、やっと駅前周辺再開発やし

震災で失われた港湾の実績は戻らず、頼みのインバウンドも神戸は通過。地場産業のいくつかは震災後立ち直れず、無理した神戸空港も泣かず飛ばずです。

大阪のベットタウンとしての道を模索している中、明石市や西宮市に人口流出しているのですが、制度的に明らかにこの2市のほうが手厚いのに、なぜか神戸市は腹を立て抗議しているようで、全く意味不明の自治体です。

⇒ ベッドタウン化の政策もうまくいっていないようです。

神戸大型再開発は、なぜ失敗したのか?“人の流れ”を無視したハコモノ行政の代償

⇒ 交通網の整備が弱く、人の流れを生み出せなかったようです・・・。

関西を訪れる外国人旅行者のうち神戸訪問者は約74万人、率としては3.1%にしかなりません。関西三大都市の中で、大阪や京都と圧倒的な差がついてしまった神戸の外国人旅行者数。

⇒ 外国人の集客でも、京都・大阪に後れを取っています。

まとめると・・・

震災の影響で、貿易港としての役割を他の港に奪われ経済的な地位が低下。

大型のハコモノをつくったものの、上手に集客できず。

人口が減る中、若者は東京に出ていく。関西に残った人も、少しでも良い会社を求めて大阪に出て行ってしまう。結果、周辺都市の神戸は没落していっている。

ベッドタウンを目指すも他の自治体の方が上手で人口流出に歯止めがかからず。

日本全体では外国人観光客が増加しているものの、神戸の人気観光地である異人館や中華街などは、外国人には全くウケない。結果、観光客にスル―されている。

時代の流れ・・・

1 2