1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いまネット界を騒がせている・・・

2020年代の情報社会では、移動通信のトラフィック量は2010年と比較して、1000倍以上に増大すると予測されています。

今年は「5G元年」と注目されてて

2020年のサービスインに向け、「第5世代移動通信システム」の整備が着々と進んでいる。

すでにサービスを開始しているアメリカに続いて、韓国や中国などでも、2019年、5Gの商用サービスを始める動きが進んでいる。

「5G元年」の2019年、すでにソニーやサムスンなど、各社がリリースした5Gに対応した端末が、会場で展示

スマホメーカー各社は・・・

華為技術(ファーウェイ、Huawei)は先月の24日、5G折り畳み式スマホ「MateX」を発表した。

小米科技(シャオミ、Xiaomi)も、MWC開催前に「小米MIX3」の5Gバージョンと「小米9」の海外版を発表した。

「5G通信」の凄さは3つあって・・・

2020年の商用化が見込まれる5G時代になれば、2時間映画が3秒でダウンロード可能になるとされる。

今までよりも長く、そしてどんな場所・環境でも好きなように動画を視聴できるようになります。

例えば、工場で使用されると・・・

5Gになってくると低遅延性という、遅延が起きない通信ができるようになるので、工事現場の機械を遠隔操作できるようになる。

建設業界が人不足の中、一人のオペレーターが複数の建設現場の重機を動かせるようになる。

また、スポーツ業界では・・・

何台ものカメラで人が行っていた撮影が、Pixellotを設置するだけで行えるようになるといいます。

国内企業も動き出していて・・・

1 2